フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1000 「 秒速5センチメートル 」 | トップページ | 「イキザマJAPAN」で名言に出会った!・・・(2015.7.5放送回) »

2015年7月 2日 (木)

ドラマ「空飛ぶタイヤ」観ました

Img_1069 先日、池井戸潤さんの「空飛ぶタイヤ」を読んでいたく感動した私、ドラマもあると知りまして早速TSU○AYAに行きまして、借りてまいりました。2009年にWOWOWで放送されたものらしいです。

 いや~、原作もよかったですが、こちらもよかった。途中何度も目頭が熱くなりました・・・と言いますか、なんどか落涙してしまいました。それはやはり、お話がしっかりしているのこともその理由ではありますが、出演しておられる方の演技がよかったから。みなさん本当にいい演技をされていて、本当に引き込まれました。赤松運送社長の仲村トオルさんはじめ、専務・宮さんの大杉漣さん、刑事の遠藤憲一さん、田辺誠一さんもよかったですね~。それに奥様二人、戸田菜穂さんに本上まなみさんも素敵だったなあ。お悩み相談室、私もしてほしい。それから地味なところで言いますと、赤松運送の事務のおばちゃんもよかったです。他の人もみんなよかった

 それから毎回のエンディング曲であります「テネシーワルツ」もよかったですねえ。この曲が流れるたび、そして夕景の映像が流れるたび、しみじみとした気持ちになって、泣きそうになりました。特に第3話だったでしょうか4話だったでしょうか、スクープが握りつぶされた後の、みんなの落胆した表情が映し出される中でテネシーワルツが流れるシーンはその無念さが痛いほどわかって、本当に悲しかったです

 でも、そのようないくつもの苦しみを乗り越えた末のエンディングは、本当に涙なしでは見られませんでした。遠藤憲一刑事が赤松さん宅を訪れたシーン、そのセリフには遠藤さんの刑事としての矜持が感じられました。潔かったです

 でも本当に、いいドラマでした。原作も含め、いい作品に出会えてなにかしら心が満たされました。実際の世の中もこんな風であってほしいなあと願わずにはいられません。

« 映画の話・1000 「 秒速5センチメートル 」 | トップページ | 「イキザマJAPAN」で名言に出会った!・・・(2015.7.5放送回) »

TV」カテゴリの記事

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1000 「 秒速5センチメートル 」 | トップページ | 「イキザマJAPAN」で名言に出会った!・・・(2015.7.5放送回) »