フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・962 「 ぐるりのこと。 」 | トップページ | 自転車で琵琶湖一周してきました・まとめ »

2015年4月 6日 (月)

映画の話・963 「 今度は愛妻家 」

150053_11 2009年の日本映画です。

 本作は前情報出来るだけ「無し」で観た方がよさそうです。いい意味で裏切られます。私も初めは仕事をせず浮気を繰り返すようなダメ亭主と、しっかり者の奥さんとの心の交流をテーマにした、ハートフルな夫婦の愛情物語かなあと予想していたのですが、きっちり裏切られました(笑)。映画が始まって後半に入るまで、監督さんも観る人にそう思わせるような撮り方をされてますしね。そういう意味ではまんまと監督さんはじめ制作側の意図にはまったと言ったところでしょうか。行定監督作品は、私にとっては当たり外れがけっこうあるので、「どうかな~」と思いながらあまり期待せず観たのですが、大当たり!でした

 かる~いタッチでお話は進んでいくのですが、かつて夫婦で沖縄に行った時のことを思い出すシーンに至って、雰囲気は急変そしてトヨエツさんのあの一言で「えっ」となります。トヨエツさん、うまいんですよね~。それまで軽薄に演技していたのに、ここからはものすごくシリアスになって・・・
 それと、うまいと言えばやっぱり薬師丸ひろ子さん。もうけっこういいお歳(失礼!)なのですが、とにかくかわいいのです♡
 もうひとつ、「うまい」と言えば忘れてはならないのは、オカマの「文ちゃん」を演じた石橋蓮司さん。うまかったですね~。この作品をきっちり「締めて」おられました(私はなぜかしら、「ゴースト」のウーピー・ゴールドバーグを思い出しました)。

 観終わって他人に優しくなれる作品だと思います。特にやっぱりつれあい・パートナーに。私事で恐縮ですが、私、この映画を観た時、まさに奥さんとケンカ中だったのですが、観終わってこれではいけないと思い、すぐさま仲直りしました。そういう意味でも「ありがたい」作品でした(笑)。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・962 「 ぐるりのこと。 」 | トップページ | 自転車で琵琶湖一周してきました・まとめ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・962 「 ぐるりのこと。 」 | トップページ | 自転車で琵琶湖一周してきました・まとめ »