フォト
無料ブログはココログ

« 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(七月隆文・著)読みました | トップページ | 『異邦人(いりびと)』(原田マハ・著)読みました »

2015年4月28日 (火)

大江千里さんのコンサート、観てきました(2015.4.27)

Img_1018 昨夜、大江千里さんのコンサートを観て(聴いて?)きました。開場は大阪・梅田のサンケイホール・ブリーゼ。ブリーゼと言えば前回の千里さんのコンサートの時、めっちゃ迷ったあの場所です(http://ichi-papa.blog.eonet.jp/default/2013/09/post-0ba0.html。でも今回はこの時のことを覚えておりまして、道にも迷わずにしっかりとたどり着けましたよ

 大江千里さんと言えば数年前に今でいうJ-Popで一世を風靡されたのですが、その後ニューヨークに渡られて、現在はジャズピアニストになっておられます。ニューヨークを中心に活動されているのですが、時々日本にも帰ってこられてこうやってコンサートをされます。

 今回のコンサートでまず驚いたこと。行かれていたみなさんはみなさん驚かれたと思いますが、オープニングでかつてのヒット曲をメドレーで思うままに弾かれたのには驚きました。ジャズに転向されてから昔のことは「捨て」られたと思っていましたので(笑)。それも有名な曲から少々マニアックな、でも私は大好きな「リアル」や「レイン」まで弾かれたのは、うれしかったです

 ただあとはまなりマニアックな曲の演奏・・・。今回は千里さんのピアノ、そしてベースとアルトサックスというトリオ編成でしたので、前回の時にもましてJAZZ色が濃くなっておりました。正直ジャズ素人の私、それもほぼ知らない曲ばかりのコンサート、楽しめるかなあと思っておりましたが、それなりには楽しめました。ちょっと変な言い方ですが、それもこれも結局千里さんの温かい人柄ゆえだといった感じがしました。私も含めこの日会場に来られていたお客さん方は、ジャズを楽しむというよりは千里さんの温かい人柄に触れに来た、そしてそれに触れられたからそれなりに満足という方が多かったのではないでしょうか。これ、本来のコンサートの楽しみ方ではありませんし、千里さん自身そんなふうに言われるとあまりうれしくないかもしれませんが、会場にいてそんな感じがしました

 ちょっとおかしなコンサート評になりましたが、私も含め会場に来られていた方々は満足されて帰られたと思います。そうそう、ラストで演奏された、東日本大震災の追悼曲「ピース」はいい曲でした

 日本でそれなりの人気を博していたのに、それをすべて捨ててニューヨークに行き、ゼロからジャズ修行をされた千里さん。苦しいこともあったでしょうが、現在のそのお姿には「したいことをやっている幸福感」というものが溢れておりました。本当に辛いこともおありでしょうが、やっぱりうらやましい生き方だと思います。私も生き方の参考にさせていただきたいそんなふうに思わされた一夜でした

« 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(七月隆文・著)読みました | トップページ | 『異邦人(いりびと)』(原田マハ・著)読みました »

音楽」カテゴリの記事

お出かけ・旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(七月隆文・著)読みました | トップページ | 『異邦人(いりびと)』(原田マハ・著)読みました »