フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・969 「 ハラがコレなんで 」 | トップページ | 映画の話・971 「 奇跡のリンゴ 」 »

2015年4月30日 (木)

映画の話・970 「 リターナー 」

139209_11 2002年の日本映画です。

 まずね、鈴木杏さんがとってもよかった。少年のような無垢でいたずらっぽい感じがとっても魅力的でした。そして金城武さんとの掛け合いもいい感じ。その後成長した彼女が女優として伸び悩んでいるのはちょっと皮肉な感じがしますが、この頃の彼女が、最も魅力的だったのかなあとも思いました。(でも、これからまた新しい魅力を掴んでいってくださいね・・・と、フォローしておきます・笑。)

 お話の方も、なかなか楽しめました。ちょっともどかしい、といいますかもっとうまくやれるんじゃないの?と思わされるところもありましたが、総じてなかなかおもしろい。ラスト、タイトルの元になっているエピソードも、なかなか爽快でした

 一般にはあまり知られていない作品なのかなあとも思いますが、もっともっと評価されてもいい、そんな作品だと思いました。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・969 「 ハラがコレなんで 」 | トップページ | 映画の話・971 「 奇跡のリンゴ 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

金城大好きな私、何度見てもウットリ💙
杏ちゃんのほのかな恋心も可愛い。
素敵な女優さんなのにあまり出てないのが残念ですよね。

エチュさんへ

 エチュさんもご存知でしたか。でも金城武さんがお好きなのですね。知的でかっこいいですよね。鈴木杏さんは、「軽蔑」で脱いだりして、ちょっと迷走している感じですね。地に足をつけて頑張ってほしいです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・969 「 ハラがコレなんで 」 | トップページ | 映画の話・971 「 奇跡のリンゴ 」 »