フォト
無料ブログはココログ

« 『悟浄出立』(万城目学・著)読みました | トップページ | 映画の話・953 「 DOG × POLICE 純白の絆 」 »

2015年3月16日 (月)

映画の話・952 「 宇宙戦争 」

143771_11 2005年のアメリカ映画です。

 賛否両論ですねえ、この作品。なぜそうなるかと言えば、観られた方の「視点」によって、でしょうか。「戦争モノ・人類と異星人との戦い」というふうに観れば、やはり物足りない点が目につくのだと思います。はじめは私もそういう視点で観ていて、「なんだかな~・・・」と感じていたのです。戦い自体も中途半端な印象ですし、戦いのさなかに親子ゲンカをしてるし

 けれど途中から気がついたのです。この作品、戦いを描いているんじゃなくて、こういう危機的な状況に陥った時の「人間の姿」を描いているんじゃないか?・・・ということを。そういう視点で観ると、その姿はなかなかうまく描けていたようにも思います。あのハドソン川を渡る前のシーンとか、最後のあの家での「葛藤」とか。

 まあそれでも、異星人の描き方とかラストとか、やっぱり中途半端な印象は否めませんでしたね。まあ、元になった作品がありますので、それからあまり逸脱出来なかったということに原因があるのでしょう。でも、こんなふうになるのなら思い切って新しい案を出せばよかったかもしれませんね

 素晴らしい作品になる可能性も秘めながら、とんでもない失敗作になる気配も感じられ、結局それなりのところに落ち着いた、そんな印象の作品でした。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 『悟浄出立』(万城目学・著)読みました | トップページ | 映画の話・953 「 DOG × POLICE 純白の絆 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『悟浄出立』(万城目学・著)読みました | トップページ | 映画の話・953 「 DOG × POLICE 純白の絆 」 »