フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・951 「 ソロモンの偽証  前篇・事件 」 | トップページ | 『悟浄出立』(万城目学・著)読みました »

2015年3月10日 (火)

『告白』(作・町田康)の舞台に行ってきました

Img_3087 昨年末に知人の紹介で読みましていたく感動しました町田康さんの小説『告白』(。http://ichi-papa.blog.eonet.jp/default/2014/11/post-5f9d.html)この小説の舞台が私の住んでいる地域のすぐそばだということで、先日舞台めぐりに行ってきました

 この小説の主な舞台は大阪で唯一の「村」であります千早赤阪村です。ここ現在でも自然がたくさん残っており、当時の面影も残っているのではないかと思います。ただ実際に行ってみますと、当時と地名が変わっているところも多くあり、また、地元の方でないと入っていけないようなところも多くあ

Img_3088り、小説の中のいろんな場所にはあまり行けなかったということも、

Img_3089

先に書かせていただきますね。けれど、その中でも訪れることができたところを紹介させていただきます。少しでも小説の世界を補填できれば幸いです

 まずは「水分」ご存じ主人公の城戸熊太郎の住んでいるところです(左2・右1枚目)。

Img_3091

そして牛滝堂です(左3枚目)。ここは「ようじょこ」に行くときにそばを通ったり、岸田富の家もこのそばだと書かれています。

Img_3097 そして左4枚目の写真が、作中よく登場する「建水分神社」です。階段の上に神社があります。葛城ドール(森の小鬼)と相撲をとったのはこのへんでしょImg_3103うか。そしてきっと手前の広場で盆踊りをしたんでしょうねえ。

 そして右2枚目は神社の裏側の道です。たしか盆踊りの夜に熊太郎が女の子を待ち伏せし、お腹が痛くなってこの石のところでかがんでいたというシーンがありましたねえ。

Img_3096

 そして南木神社(左5枚目)。ここは建水分神社の隣にあります。ラスト近く、熊太郎が△の飛行体を観たところです。

Img_3104_2

 そして「森屋」(左6枚目)。作中ではかなり都会の感じで書かれてますが、今は・・・単なる交差点です。あと、普通の住宅街です。あと縫の実家(森本トラの家)があった「南畑」は多分現在の町役場があったあたりだと思われます。

Img_3107_2

 そして右写真3枚目は、千早あたりから見た金剛・葛城の山々です。この風景も作中によく出てきますねえ。

Img_3109

 あと、熊太郎のお墓などもこのあたりにあるらしいのですが、探し当てることはできませんでした

 ということで実際にはあまり舞台めぐりというほどのこともできなかったのですが、それでも「告白」のファンの方がこの記事を読んでくださって、少しでも作品の世界観を広げることができたら、同じ作品を愛するものとして私はとっても嬉しいです

 ということで、「告白」舞台めぐり、このあたりでおしまいとさせていただきます。最後まで読んでくださってありがとうございました

« 映画の話・951 「 ソロモンの偽証  前篇・事件 」 | トップページ | 『悟浄出立』(万城目学・著)読みました »

お出かけ・旅」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・951 「 ソロモンの偽証  前篇・事件 」 | トップページ | 『悟浄出立』(万城目学・著)読みました »