フォト
無料ブログはココログ

« 自転車で琵琶湖一周してきました・1(堅田~大津) | トップページ | 自転車で琵琶湖一周してきました・3(彦根~長浜) »

2015年3月30日 (月)

自転車で琵琶湖一周してきました・2(大津~彦根)

Img_3162 それでは「初めてのビワイチ(そんなタイトルでしたっけ・笑)、第2回でございます。今回もよろしくお願いいたします。

 大津を7:30頃あとにしましてまだまだ南下、瀬田の唐橋を目指します。ここがいわゆる「琵琶湖」の南の端です。大津から瀬田の唐橋まで、そしてそこから琵琶湖の東側は、湖のほとりにサイクリングロードがしっかりと整備されていて、とっても走りやすかったです。最初の写真のような景色(これは振り返って大津あたりを見た景色です)を左に見ながら、快適に走ることができます。”ビワイチ”をひとつの観光の目玉にしている滋賀県、さすがです

Img_3167

 瀬田の唐橋に到着したのは8:00すぎ。この橋を渡ると、今度は湖の東側をひたすら北上することになります。そろそろおひさまも上にあがってきまして、非常に心地よい気候のなか、右のような景色を見ながらペダ

Img_3168

ルを漕ぎます琵琶湖大橋の東詰を過ぎますと、すぐにピエリ守山が現れます。ここ、かつては「廃墟」なんて言われていたのですが、最近リニューアルオープンいたしまして賑わっているようです。私が通りがかった時はまだ時間が早かったのでほとんど人はいませんでしたが。かつての大阪・新世界のフェスティバルゲートのようにならなくて、よかったですね~

Img_3173_2 さらに進んでまいりまして、近江八幡あたりに到着。時刻はすでに11:00ころ。はじめの予定ではここでちょっと寄り道をして水郷めぐりや安土城跡、さらには織田信長さんのお墓などにもお参りしたいと考えていたのですが、実際にはすべてキャンセルしました。なぜかといますと、かなり疲れていたから

 スタートしましてここまでだいたい50キロぐらい。かなり疲れが出てまいりました。それと、このあたりでかなり「おしり」が痛くなってきたのです。いえ、「ぢ」的な意味ではありません。長時間、小さなサドルに座っているので、基本的に誰でもこうなるようです。私もパッド入りのインナーを履いてはいたのですが、それでも痛くなってきました。今度こういう長距離を乗る時には、サドルにもふんわりしたカバーをかぶせようと、乗りながら強く思いました

 今回の”ビワイチ”で新たに発見したこと。自転車で長い距離を走る時、その経験がない人は「足がしんどいんだろうなあ」「筋肉痛が大変だろうなあ」「心肺機能的にも大変だろうなあ」とか思いますよね。私もそうでした。でも、今回は知らせていただきまして、そんなことよりも、「お尻の痛さ」が一番大変だということがわかりました。もちろんこれはコースや、人にもよるのでしょうけれど、私はすべて走り終えた時、とにかく「お尻の痛さ」が一番大変だと感じました。太ももの筋肉痛ぐらいなら毎日あと100キロぐらいなら走れそう、ビワイチも一日で達成できそうだと思いましたが、お尻の痛さはこれ以上耐えられませんでした

Img_3175

 話がそれました。「お尻お尻」言ってスミマセンでした。近江八幡を通り過ぎ、昼食兼お昼休みを計画していた彦根を目指してひた走ります。そして12:30ころに到着しました。スタートからここまで70キロくらいです。

 ここでゆっくりするつもりだったのですが、結局は早々に次に向かうことにしました。そのあたりのことも含めまして、また次回、書かせていただきます。そうそう、最後の写真はご存じ、彦根城です

« 自転車で琵琶湖一周してきました・1(堅田~大津) | トップページ | 自転車で琵琶湖一周してきました・3(彦根~長浜) »

お出かけ・旅」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車で琵琶湖一周してきました・1(堅田~大津) | トップページ | 自転車で琵琶湖一周してきました・3(彦根~長浜) »