フォト
無料ブログはココログ

« あぁ、角野さん(泣) | トップページ | 映画の話・921 「 映画 謎解きはディナーのあとで 」 »

2015年1月 3日 (土)

”2014極私的映画ベスト10”

20130215007fl00007viewrsz150x1 今日からまた本格的に記事を書かせていただきます。みなさま、よろしくお付き合いくださいませ

 新年一発めは昨年書き残しておりました”極私的映画ベスト10”の2014年版を書かせていただきます。毎年年末に書かせていただいているのですが、昨年末(とはいっても数日前)はインフルエンザで寝込んでおりましたので、今になりました

 さて、昨年は「奇跡」から「黄金を抱いて翔べ」まで計171本の映画を観せていただきました。別に本数を稼ごう・新記録を出そうと思っているわけではありませんが、一年間で観た本数の自己新記録です。こんなに観ることができて、まあ、ありがたいことです

 ここで「映画の話」として紹介させていただいたのは「716 変態仮面」から「920 白ゆき姫殺人事件」まで、204本ということになります。さてその中で”ベスト10”ということになるわけですが、これが今回はなかなか難しいのです。☆5つ、つまり満点をつけた作品の中でも、飛び抜けた「この一本」というのが今年はないのです。いい作品はもちろんいろいろあるのですけどね。ですので今回は、順不同ということで10作品選ばせていただきます

 まず衝撃を受けた作品ということでいえば「まどか☆マギカ(後編)」・「ミスター・グッドバーを探して」が挙げられます。この作品、どちらも観ていて「え、え~~っっ」となりました。それからヒューマニズムに溢れたといいますか、「人生を考えさせられた」という点では「太陽」「ジョゼと虎と魚たち」「薄れゆく記憶のなかで」「チョコレートドーナツ」「ニュー・シネマ・パラダイス」「ラスト・エンペラー」の6作品を挙げたいと思います。いずれ劣らぬ、人生の機微を描いた作品でした

 そしてとにかく楽しい、映画本来の持つ娯楽性に富んだという意味では「バック・トゥー・ザ・フューチャー(中でも2)」は秀逸でした。現在TV放送されているとある会社のCMによりますと、あの中で描かれた未来は、2015年つまり今年らしいですね。なんともはや。そしてあと一本、これも楽しいといいますか、大笑いしたのは「HK/変態仮面」です。これ、先述のように昨年の「映画の話」の一本目だったんですけどね、最初に紹介させていただいた作品が最後まで一番笑った作品になりました

 う~~ん、こうやって挙げていくと、やっぱりどれもそれぞれに素晴らしい。甲乙つけがたい。今年もこういう素晴らしい作品に多く出会いたいと思いますし、ここでそれぞれについて感想を書かせていただきます。拙い文章ではございますが、今年もよろしくお願いいたします

« あぁ、角野さん(泣) | トップページ | 映画の話・921 「 映画 謎解きはディナーのあとで 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

たくさん観たんですね!!すごい!
私も今年はこれやろ!みたいなのがなかったので少し寂しかったですけど、やっぱ映画(私は邦画ですが)はいいですよね。
また映画情報交換しましょうね〜
バックトゥザフューチャーって2015年なんですね、昔に観たけれど面白かった思い出があって、USJのアトラクションにテンションが上がった思い出がらあります。
変態仮面も観なくては(笑)
今年もよろしくお願いします♡

もぐさんへ

 たくさん観なければ!と思ったわけではないのですが、結果的にたくさんの本数になりました。今年もいい映画にたくさん出会えればと思っています。また、いろいろ教えてくださいね。今年もよろしくお願いします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あぁ、角野さん(泣) | トップページ | 映画の話・921 「 映画 謎解きはディナーのあとで 」 »