フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・895 「 あんにょん由美香 」 | トップページ | 映画の話・897 「 ソルト 」 »

2014年11月11日 (火)

映画の話・896 「 オーケストラ! 」

153283_11 2009年のフランス映画です。以前、「しゃべくり007」で徳井さんが推薦されてた作品です。

 なかなか爽快な作品でした。ふとしたことで人生を狂わされた男が、これまたふとしたことから人生を取り返すお話。数十年前にやり残したことを取り返すために奔走する姿に、観ているこちらは何度も「もうだめか!」と思わされますが、最後は大団円。見終わって爽快な気持ちになりました。それに、ラストの演奏シーン。いや~、お見事!お話の展開とは別に、このシーンだけ見ても見応えのあるシーンでした



 アンヌ・マリー・ジャケを演じたメラニー・ロランさん。私、この方を存じ上げなかったのですが、う・美しい芯の強そうな目元に整った顔立ち。その立ち姿、演奏する姿が“凜”としていて、本当に魅力的でした。これから様々な作品でもっともっと見たい女優さんです。この方の存在を知ることができただけでも、本作を観た甲斐があったというものです(笑)
 それから、お名前がわからないのですが、主人公の友人を演じ、ずっとサポートをしていられた、長髪・ひげ面の、チェロを弾いておられたあの方。いい味出してましたね~。このコンサートの成功は、ある意味この方のおかげといっても過言ではないかもしれません

 それぞれの思惑や、過去の心残り、政治的なこと、・・・さまざまなことが混ざり合って、それが最後に「音楽」という形で昇華されていく。音楽のもつ力のすばらしさを再認識させられるとともに、人生、捨てたもんじゃないなと思わせてくれる作品でした。日本風の「勧善懲悪」ではありませんが、人生、いろいろなことがあっても最後は報われる・・・ということを信じたくなるような、気持ちのいい作品でした

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・895 「 あんにょん由美香 」 | トップページ | 映画の話・897 「 ソルト 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・895 「 あんにょん由美香 」 | トップページ | 映画の話・897 「 ソルト 」 »