フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・900 「 ラストエンペラー 」 | トップページ | 映画の話・902 「 野ばら 」 »

2014年11月21日 (金)

映画の話・901 「 アメイジング・グレイス 」

155940_11 映画の話、900回を超えての第一回はこの作品から。2006年のイギリス映画です。

 讃美歌という枠を越えて、あまりにも有名なこの曲。けれど、この曲に込められた思い、そして本作に描かれたようなイギリスにおける奴隷解放のための戦いについては、まったく知りませんでした。

 ウィリアム・ウィルバーフォース。18世紀のイギリスで奴隷解放のために信念を貫いた政治家。けれど本作ではこの人物をことさらに超人的・英雄的に描いたりはしていません。その苦悩、時には挫折しそうになったりするところもそのまま描き、それがかえってリアリティを生み、共感を呼びます。「リアリティを生み・・・」と書きましたが、基本的には事実。事実はやっぱり心を打ちます

 アメイジング・グレイスという曲が好きな方は、本作を観られることを強くお勧めします。曲に対する「思い」がより深くなることは間違いありません。ウィリアム・ウィルバーフォース、そしてこの曲を作詩したジョン・ニュートンの思いが、心の中に沁み入ってきます。

 私は「信念を持って頑張れば、どんなことでも成し遂げられる」とは思っていません。人生、そんなに甘いものだとは思っておりません。けれど、それでもやっぱり、「最後まで信念を貫く生き方」には頭が下がります。「信念を貫き、何かを成し遂げる」ことが難しいからこそ、それをやりきった人・事実には無条件に心を揺さぶられます。いい作品でした。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・900 「 ラストエンペラー 」 | トップページ | 映画の話・902 「 野ばら 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・900 「 ラストエンペラー 」 | トップページ | 映画の話・902 「 野ばら 」 »