フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・779 「 蜘蛛巣城 」 | トップページ | 「翔んだカップル」(柳沢きみお・著)読み返しました »

2014年3月 9日 (日)

映画の話・780 「 グッドモーニング,ベトナム 」

10001298viewrsz90x1 1987年のアメリカ映画です。

 戦闘シーンはほとんど出てきません。ベトナム・サイゴンに赴任した米軍放送のDJの「日常」を描いた作品ではありますが、それを通してベトナム戦争の一面が描かれています

 作品終盤、ロビン・ウイリアムス演ずる「クロンナウア」がベトナム人の友人「ツアン」に言った言葉、そしてそれに対する返答に、他国を援助する名目で軍隊を派遣することの「真実」が語られているように思いました。「お前たちのために来てやったのに・・・」と言いながら、相手は来てほしいとは思っていない・・・

 古くは大東亜戦争の時代から、現在でもよく耳にするこの構図。観ていて悲しく、空しくなりました。人間はいつまでこのような「愚行」を繰り返すのでしょうか。そして2014現在、また同じようなことが起ころうとしています。

 戦闘のない戦争映画、でも、その空しさをよく描いた、戦争映画の秀作だと思います。最後になりましたが、ロビン・ウイリアムスさんの演技はさすがでした

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)




« 映画の話・779 「 蜘蛛巣城 」 | トップページ | 「翔んだカップル」(柳沢きみお・著)読み返しました »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・779 「 蜘蛛巣城 」 | トップページ | 「翔んだカップル」(柳沢きみお・著)読み返しました »