フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・794 「 異人たちとの夏 」 | トップページ | 映画の話・796 「 しあわせのパン 」 »

2014年3月29日 (土)

映画の話・795 「 のぼうの城 」

20101213012fl00012viewrsz150x1 2011年の日本映画です。

 CGを多用していることに関して少々すっきりしないところもあるのですが、それでも映像は迫力があり、きれいでした。出演されている役者さん方も熱演で、役にピッタリとはまっておられて、観ていてなかなか楽しかったです。主演の野村萬斎さんは独特のオーラを放っておられましたし、山口智充さんもお笑い芸人さんとは思えないほどの存在感。そして佐藤浩市さんや成宮寛貴くん、前田吟さんなどもそれぞれいい味をだしておられました。そうそう、芦田愛菜ちゃんもね

 ただ、ちょっと残念だったのは、野村萬斎さん演ずる成田長親の人間的な魅力が描き切れていなかったこと。あの合戦の最中に小舟で敵陣すぐ前まで田楽踊りを披露しに行くなど、豪胆なところの一端は垣間見えましたが、多くの人々を惹きつける魅力までは描かれておりませんでした。ですので、お話の展開上、多くの侍やお百姓さんが「長親のために」というふうになることに違和感を感じてしまいました

 それと、お話自体もちょっと中途半端かな。いえ、これは史実を元にしておりますので、ある程度仕方ないことだとは思いますが。でも、2万の敵に対して500人で勝った・・・とはいっても、実際には健闘しただけで、「勝った」とは言えない気もしますし・・・

 十分楽しめる作品ではあると思いますが、私はいろいろと引っかかるところがあり、「感動する」というところまでは行きませんでした。まあ、娯楽作品ってことで、「よし」としましょうか・・・って感じです

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

 




« 映画の話・794 「 異人たちとの夏 」 | トップページ | 映画の話・796 「 しあわせのパン 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・794 「 異人たちとの夏 」 | トップページ | 映画の話・796 「 しあわせのパン 」 »