フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・750 「 ワイルド7 」 | トップページ | 映画の話・752 「 UNDERWATER LOVE -おんなの河童 」 »

2014年2月 9日 (日)

映画の話・751 「 竜二 」

18_13478101 1983年の日本映画です。

 私、いわゆる「やくざ映画」はあまり好きではありません。そういう世界に興味も魅力も感じませんし。けれど本作品はいわゆる「やくざ映画」とはちょっと違った作品でしたね。「やくざ映画」というよりは、「一人の人間を描いた映画」だったように思います。「やくざ」という生き方しかできない人間を。

 生きていれば誰しもが感じる所在のなさ。自分の生きる場所はここではないのではないか?ここではないどこかに、自分の生きる場所はあるのではないか?今の生き方も、本当の自分の生き方ではないのではないか?「幸せ」に生きるとはどういうことなのか?自分らしく生きるとは?

 主人公・竜二も様々に悩みながら、一度は「幸せ」を手にしたように見えるが、最後は・・・

 とっても切ない映画でした。人間が生きることの「哀しさ」が、十分に描かれておりました。後期太宰作品にも通じる「生きること」の切なさ。お見事でした

 

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

 追記:本作の完成を待たずして(いや、完成後すぐだったかな?)逝ってしまわれた金子正二さん、ものすごいオーラを持った俳優さんです。本作を観るたびに、その早逝が悔やまれてなりません。今更ですが、とっても残念です。




« 映画の話・750 「 ワイルド7 」 | トップページ | 映画の話・752 「 UNDERWATER LOVE -おんなの河童 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

随分前に見たけど衝撃的だった記憶が。
なんか、すげ〜って思ったような・・・

エチュさんへ

 まあ、素人っぽい感じもするのですが、なにか才能の「原石」といった感じがします。亡くなられたのが残念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・750 「 ワイルド7 」 | トップページ | 映画の話・752 「 UNDERWATER LOVE -おんなの河童 」 »