フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・743 「 孤高のメス 」 | トップページ | 映画の話・745 「 今、愛する人と暮らしていますか? 」 »

2014年2月 1日 (土)

映画の話・744 「 田園に死す 」 

18_12219131 1974年の日本映画です。

 “アヴァンギャルド”とはこういうことでしょうか

 初めはいわゆる「実験映像」というか「前衛映画」というか、作者と、その世界観がわかったふりをしたい方々のための「自己満足」な作品かと思っていたのです。ところが観進めていくうちに、だんだんと印象が変わってきました。しっかりと内容のある作品でした

 今、「しっかりと内容が・・・」と書きましたが、作者の伝えたいところは実際には私にも十分理解できていないのかもしれません。ただ、それでも「感じるもの」「考えるところ」はしっかりあったというのが、私の感想です。人間の「業」、特に(良くも悪くも)「男の子」にとっての「母親」の存在・影響が非常に印象的に描かれていたように思います。

 本作品、どんな手法であれ、結局のところ「寺山修司さんの世界」が表現されていれば「成功」なのだと思います。そういう意味で、しっかりと「成功作品」だと思いました。・・・ただ、私は寺山修司さんのことをそれほど詳しくは知りませんので、本当のところは他の(詳しい)方の評価に委ねたいとは思いますが

 毒々しく、一般の方にはかなりとっつきにくい(笑)。けれどここにも人間の本質が表現されている。「普通」の作品を観飽きた方、ちょっと変わったものを観てみたい方、お勧めかもしれません。・・・ただ、観終わって不愉快な気持ちになられても、責任は取れませんよ(苦笑)。でも、単なる「変わった」作品ではありません。しっかりと「名作」だと思います

 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です)

« 映画の話・743 「 孤高のメス 」 | トップページ | 映画の話・745 「 今、愛する人と暮らしていますか? 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・743 「 孤高のメス 」 | トップページ | 映画の話・745 「 今、愛する人と暮らしていますか? 」 »