フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・765 「 KT 」 | トップページ | 映画の話・767 「 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」 »

2014年2月21日 (金)

映画の話・766 「 ウンタマギルー 」

51ntgmtcal_sl500_aa300_1  1989年の日本映画です。

 

 日本返還前の沖縄が舞台とあって話される言葉もほとんどが“ウチナーグチ”と言われる琉球の言葉。ですので全編字幕付き。日本映画でありながら、どこか異国の映画を観ているような、不思議な感覚をおぼえました。この「どこか異国のような・・・」というところに現在も含めた沖縄のいろいろな問題が含まれているような気もしますが。

 お話の方はある種のファンタジー。妖精が出てきたり精霊が出てきたり。マレーを演じた青山知可子さん、まさにはまり役でした。

 沖縄を舞台にした、沖縄のもつ「あっけらかん」とした雰囲気が表現された作品は数々あれど、この作品は少し他のものとは違ったものとなっております。いわゆる「沖縄モノ」が好きな方は、この作品を観逃す手はありませんよ。 

 

 




« 映画の話・765 「 KT 」 | トップページ | 映画の話・767 「 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・765 「 KT 」 | トップページ | 映画の話・767 「 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」 »