フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・734 「 ジョゼと虎と魚たち 」 | トップページ | 映画の話・736 「 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 」 »

2014年1月25日 (土)

映画の話・735 「 四十七人の刺客 」

18_13628331 1994年の日本映画です。

 もう以前から何度も何度も映画化されてきた「忠臣蔵」。本作はどのような切り口で見せてくれるのかと期待しましたが、う~~ん、確かに斬新でした。いわゆる「義理」や「忠義」を前面に押し出すのではなく(いえ、もちろん討ち入った根底にはそれらがあるのですが)、「赤穂義士」のお話を「情報戦」として描くところなどは、「新しいなあ」と思いました

 全体として非常に「クール」な印象を受けた本作ですが、宮沢りえさん演ずる「かる」との「愛」については、描き方が不十分かも。でもそれは同じ「池宮彰一郎さん」原作による「最後の忠臣蔵」にしっかり描かれているので、合わせて観れば「なるほど」ということになるのかもしれませんね

 クールすぎるほどクールな「赤穂義士」ですので、「熱い討ち入りが観たい!」とおっしゃる方には満足いかないかもしれませんが、新しい「忠臣蔵」を見せていただいたということで、それなりに評価はされていい作品だと思います

 追記:石坂浩二さん、中井貴一さんの「悪人メイク」、いかにもって感じでおもしろかったです

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・734 「 ジョゼと虎と魚たち 」 | トップページ | 映画の話・736 「 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・734 「 ジョゼと虎と魚たち 」 | トップページ | 映画の話・736 「 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 」 »