フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・番外編、「利休にたずねよ」観てまいりました | トップページ | 映画の話・700 「 アントキノイノチ 」 »

2013年12月11日 (水)

映画の話・699 「 利休にたずねよ 」

___80 2013年の日本映画です。といいますか、12月7日公開、現在絶賛公開中です。

 前半、格調の高い芸術的な映画だなあと思い、茶の道にはまったく詳しくない私は「ふ~~ん、そんなもんなのかぁ・・」と思いながらちょっと距離を感じながら観ていたのですが、中盤以降、まだ若かりし利休のエピソードに移ってからは急にお話が親しみやすく、わかりやすくなりました(笑)。「茶」に対してだけでなく、利休の「美」に対する考え方、その「審美眼」の成長の過程などがうまく描かれていたように思いました。ただ、わかりやすく描かれすぎて、「それでいいのかなあ」という気もしましたが(苦笑)

 海老蔵さん・中谷さんの演技と言いますか「存在感」はさすがでしたね。所作や「間」にもため息をつかされました。他の方、たとえば大森南朋さんの秀吉なんかは賛否両論ありそうでしたけれど、私はよかったと思います。ちょっと「世俗的」な面(簡単に言いますと出世欲とか、人間の小ささとか)が強調されすぎの感はありましたが

 あと、映像の美しさは群を抜いておりました。海外で「何とか賞」を獲ったと聞きましたが、それも頷けます。日本人の私が見ても「美しい」と思うのですから、海外の方が見れば本当に感激されると思います。かつて谷崎潤一郎さんが「陰翳礼讃」の中で示された「日本の伝統的な美」が(特に前半で)映像化されておりました

 評価の方、お話だけなら☆3つ、映像だけなら☆5つ、その二つのバランスが今一つでありそこに違和感を感じるのですが、算数的に計算するのなら(3+5)÷2=4ってことで、☆4つにしておきましょうか。本当は3.5くらいかなあと思いますが。

 

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・番外編、「利休にたずねよ」観てまいりました | トップページ | 映画の話・700 「 アントキノイノチ 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

いい評価ですね~。本文まだ拝見していませんが観るのが楽しみになりました。

agapeさんへ

 お話はけっこう浅いですよ。この評価はどちらかといえば映像に対してのものです。お話自体は☆2つに近いので、気をつけてください

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・番外編、「利休にたずねよ」観てまいりました | トップページ | 映画の話・700 「 アントキノイノチ 」 »