フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・699 「 利休にたずねよ 」 | トップページ | 映画の話・701 「 アントキノイノチ ~プロローグ~ 天国への引越し屋 」 »

2013年12月13日 (金)

映画の話・700 「 アントキノイノチ 」

20110519005fl00005viewrsz150x1 2011年の日本映画です。ネタばれありです

 一言で言いますと、「非常に惜しい」作品でした

 最初は、そのタイトルのつけ方からして(いえ、観る前はそれほど深い意味があると思いませんでしたので)、あまり期待せずに観はじめました。ところが、観ていくうちに、主演の二人(岡田将生くんと榮倉奈々ちゃん)の、心に傷を持ちながらもなんとかよりよく・自分らしく生きていこうとする姿に共感しはじめました


 私は「喪失と再生」をテーマにしたような、挫折も経験したけれどまた顔をあげて生きていこうというような内容のお話が大好きです。ですから途中からは、「もしかしたらこの作品も、私の人生の中の大切な一本になるかも・・・」という期待を持ちながら観ていたのですが・・・。う~~ん、残念。最後に、榮倉奈々ちゃん演ずる「ゆき」を死なせちゃいけませんわ。それをすることによって、今までのお話が全て台無し。名作になる可能性があったのに、単なる「お涙ちょうだい」になってしまいました

 いや~、残念。本当に、岡田君も奈々ちゃんもよく演じておられましたし、ついでと言っては申し訳ないですがネプチューンの原田泰三さんもしっかりと「役者」をされておられましたのに、あのラストで台無しです

 映画を観て、これほどまでに「残念」だと思った作品も久しぶりです。ああ、残念

 

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・699 「 利休にたずねよ 」 | トップページ | 映画の話・701 「 アントキノイノチ ~プロローグ~ 天国への引越し屋 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

まっさん原作って知らずに観に行って
重いな〜って思った作品。
でも、ichiさん仰る通り演者さんみんなが
頑張ってて私は好きでした。
この映画で松坂桃李くん、上手〜って初めて思って
そこから彼が好きになりました😊

残念な作品になってしまったんですね〜
でもなんかゆきちゃん死ぬのなーんとなく分かったような…
もう観たのだいぶ前なので細かいところまで覚えてないんですけど。
二人で生きていくって話になったらそれこそ最高だった気がしますが、ちょっと残念でしたね。

エチュさんへ

 重くて、でもいい作品になりそうだったので、その分残念に思いました。私が松坂桃李くんを初めてみたのは「麒麟の翼」でした。いい役者さんですよね

もぐさんへ

 そうなのです。私は難病ものとか、人が死んでかなしいだろ~観たいな映画が大きらいですので、そのぶん残念でした

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・699 「 利休にたずねよ 」 | トップページ | 映画の話・701 「 アントキノイノチ ~プロローグ~ 天国への引越し屋 」 »