フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・710 「 ツーリスト 」 | トップページ | 映画の話・712 「 同棲時代 」 »

2013年12月28日 (土)

映画の話・711 「 僕の初恋を君に捧ぐ 」

20090806005fl00005viewrsz150x1 2009年の日本映画です。

 まずね~、不治の病=難病ものというだけで、ひねくれ者の私なんかは「どうせ面白くないんだろうな~」と思いながら観るわけですよ。ですから、個人的な評価はどうしても低くなる。本作も始まってすぐに「そういう目」で観はじめました(笑)

 

 

 でもね、本作品、それなりに面白かったですよ。いえ、お話のテーマ自体はあまり好きではありません。「お涙ちょうだい」はやっぱり駄目ですわ。それから「いかにも少女マンガ」っぽいキャラクターもいまいちいただけない。でもね、それでもそれなりに楽しめたのは、主演のお二人、岡田将生くんと井上真央ちゃんの「熱演=存在感」のおかげに他ならないように思います。その時々の言動(たとえば心臓移植の件で、ドナーのご家族のところに行った時のことなど)には「それはちょっと違うだろ~」と思うところも多くありましたが、若い時はそういう「間違い」も犯してしまうもの。そういうところも含めて、お二人の姿にはリアリティがあり、私にもかつてあった「キラキラした青春時代」を思い出さされました。いえ、高校の入学式の時のスピーチみたいなものは、現実にはありませんけど(笑)

 いろいろと個人的には「好みではない」ところも多かったのですが、そういう細かいところを越えて、本作品には「若い時代にしかない、キラキラした想い」というようなものを思い起こさせていただきました。その点は、よく表現されていたと思います
こういう「難病もの」が大嫌いな私ではありますが、本作品には、☆3つ、贈呈させていただきます。実際には4つに近い、3つです。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・710 「 ツーリスト 」 | トップページ | 映画の話・712 「 同棲時代 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・710 「 ツーリスト 」 | トップページ | 映画の話・712 「 同棲時代 」 »