フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・番外編 「ベイビー大丈夫かっ Beat child1987」観てきました | トップページ | 『泥の河』(宮本輝・著)の舞台に行ってみました »

2013年11月 6日 (水)

映画の話・692 「 ベイビー大丈夫かっ BEAT CHILD1987 」

___65 2013年の日本映画です。・・・映画かなあ(笑)。現在絶賛公開中です。

 

 1987年、私はちょうど大学を出て社会人になったばかりの頃でした。当時から音楽大好きでしたから、この野外コンサートのことも知っておりました・・・知識としては。でもね、今回映像で初めて見て、こんなすごいコンサートだったのかと、びっくり「知っておりました」なんて、言えなかったなあと少し反省してしまいました。



 本当に、いろいろな意味ですごい出演者のみなさんも当時はそれほどメジャーではなかった人もいたのでしょうが、いまさらながらに観ると凄いなんと言ってもブルーハ―ツがオープニングアクトですからねえ。それからやはり、あの天候の中で開催したのが凄い人間、少々逆境の方が燃えてくるというのはあるでしょうが、これは度が過ぎてます。あの場にいたみなさんは出演者もスタッフの方もお客さんも、みんな一つの歴史的な出来事の当事者、もしくは「戦友」のような感じですよね。あの映像を観ていたら、本当に最悪の状況だったんだなあと思いながらも、ある意味あの場にいた方々をちょっとうらやましくさえ思いました。



 出演者のみなさんはまさに「魂」のこもった演奏で「感動」を与えてくれますが、特に凄かったのは尾崎豊さん。ギター一本で、たった一人で歌う「シェリー」の存在感に、鳥肌が立ってしまいました。「カリスマ」とはどういう人のことか、わかったような気がしました。それから、大健闘を見せてくれたのは白井貴子さん。全体を通して彼女が一番の「被害者」だったように思います。けれどその分、印象に残るパフォーマンスを見せてくれました。まさに一生懸命こんな状況の中、お客さんを気遣い、様々なアクシデントが起こる中、精一杯のステージ。あの黄色いキュートな(そしてsexyな)衣装で豪雨の中、歌い踊る姿が今でも目に焼き付いております

 いろいろな意味で、こういうコンサートは、今はもうおこなわれないんでしょうねえ。あの天候なら中止になるでしょうし、あの状況の中でも聴きたい・観たいというお客さんが今はどの程度いるかわかりませんし、アーティストの方の「魂」も今はどうだか・・・


 作品中、何度も(そりゃもうしつこいぐらいに・笑)問いかけられる「大丈夫かっ?」という言葉。はじめはこのコンサートのお客さんに向けられたものだったのでしょうけれど、そのうちに「自分」に向けられているものだというふうに思えてきました。あの頃、私も確かに「熱い心」を持って毎日暮らしていました。いろいろなところでぶつかりながら、時には傷つき、それでも毎日一生懸命で、少しずつ成長してきたつもりです。
 あれから26年、今でも変わらず一生懸命生きているつもりですが、本当に大丈夫でしょうか。いつの間にか「自分らしさ」や「大切なもの」を失ったりはしていないでしょうか?
 ベイビー、大丈夫かっ?このコンサートを改めて観たことをきっかけにして、これからも時折、自分に問いかけていきたいと思います。

 評価の方、映画としてどうのということはともかくとして、このコンサートの圧倒的な存在感に☆5つでしょう。やっぱり。

 

 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です)

« 映画の話・番外編 「ベイビー大丈夫かっ Beat child1987」観てきました | トップページ | 『泥の河』(宮本輝・著)の舞台に行ってみました »

映画」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております~!

7月末にようやく第二子が生まれ、なかなかブログも見れず・・・

久しぶりに覗かせてもらったらBEATCHILDではありませんか

26年前は小学生でこのフェスも知りませんでしたが、どうしても観たくて主人に乳飲み子を預け観てきたところです!!!

内容はネタばれになるので書きませんが、すぐに涙が出てきました。。。

私はBOOWY目当てでしたが他のアーティストもみんなすごくて最高でした

尾崎豊さん!本当に鳥肌がたちました!

白井貴子さん!ギターが・・・のところすごかったです!!!

はじめのヒロトの笑顔もすべて見どころ満載でした

この映画をみて、育児や仕事も頑張ろうと思えました!

自分の中で何かが変わった気がします!

まだ興奮していて文章がめちゃくちゃですが(笑)

地元では来週まで上映してるので友達にも勧めています。

観に行ってよかったです

はちにゃんこさんへ

 おおっ、お久しぶりです。第2子出産のことは知っておりました。おめでとうございます。これからも幸せな家庭を築いていってくださいね
 
 ところでこのBeat child、はちにゃんこさんもご覧になられていたとは奇遇です。でも、同じものに感動してくださっていたと知って、うれしかったです。本当にすごいイベントでしたよね

 Boowy、私も好きでしたよ。no newyorkとかは、バンドでもコピーしたりしてました。氷室さんはこの頃から氷室さんだったんだなあとか、布袋さんの髪の毛も雨で垂れてしまってるなあとか、いろいろ思いながら見てました

 あと、私は、本当に好きなアーティストばかり出ていて、たとえばレッド・ウォーリアーズとか、ストリート・スライダーズとか、今見てもやっぱりかっこよかったですね~

 あれから26年たって、私もそれなりに歳をとりましたが、それでもあの頃の熱い気持ちの何分の一かは持ち続けたいと思います。はちにゃんこさんも、ともにがんばりましょうね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・番外編 「ベイビー大丈夫かっ Beat child1987」観てきました | トップページ | 『泥の河』(宮本輝・著)の舞台に行ってみました »