フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・675 「 長崎ぶらぶら節 」 | トップページ | 『若きウェルテルの悩み』(ゲーテ・著)読みました »

2013年9月 4日 (水)

映画の話・676 「 天国は待ってくれる 」

20070110007fl00007viewrsz150x1 2007年の日本映画です。

 まあ、正直に書きますと、予想通りにお話が展開していきますので、観終わった後も「ふ~~ん」というくらいの感想しか出てきません。途中、「おっ、これからどうなっていくのかな?」と興味を惹かれたところもありましたが、結局は予想通り。特に感動というものもありませんでした。いえ、そんなに悪い映画でもないのですけどね、だいたい最初の設定=小学生の男の子二人と女の子一人が「俺たち、これからずっと一緒な!」って、そんなの無理に決まってますから、その段階からちょっとリアリティがないなあと思いながら観ておりました。出てくる人がみんな「いい人」なのもちょっとありえませんし(汗)

 最初の段階でリアリティがなかったにしては、それなりにいい作品に仕上がったとは思いますが、それでもやっぱり一定レベル以上にはなれませんでしたね。観終わってみれば、もう少しなんとかなったかなあ・・・という思いもしてきて、ちょっと残念な作品でした

 追伸:この映画を観て収穫だったのは、岡本綾さんの存在です。いろいろありまして現在はもう引退されてしまいましたが、雰囲気のある、こんなにいい女優さんだったんだなあと、いまさらながらに確認してしまいました。こう考えてみると、やっぱり引退は残念でしたね。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・675 「 長崎ぶらぶら節 」 | トップページ | 『若きウェルテルの悩み』(ゲーテ・著)読みました »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・675 「 長崎ぶらぶら節 」 | トップページ | 『若きウェルテルの悩み』(ゲーテ・著)読みました »