フォト
無料ブログはココログ

« 最後の“夏休み”・2 | トップページ | 映画の話・673 「 神様のカルテ 」 »

2013年8月30日 (金)

最後の”夏休み”・3

Img_2132 では、昨日の続きを書かせていただきますね

 先斗町からまたまた知恩院あたりを抜けて(途中で有名Img_2124な鞄やさんである「一澤帆布」さんの横を通りました。写真右。)、まずは蹴上のインクラインあたりにやってきました。インクラインについては各自調べていただきたいのですが(説明を省略してすみません)、このあたり、春になると桜がキレイなんですよね~(最初の写真です)。

Img_2135 このあと、南禅寺にまわりまして、まずは山門を堪能。かの大泥棒・石川五右衛門がその上から景色を見て「絶景かな」とのたまったという山門です。そして、これもかの有名な水路閣。ここはもう本当に、いろんな映画やドラマにも登場しておりますよね。何度行っても趣のあるところです。私もたくさん写真を撮りましたが、昨日のベストショットはこれかな。でも、まるで一枚の「絵」のようです。もちろんこれは私の写真の腕がいいのではなくて、単に「景色がいい」というだけなのですけれど。でも、ここにきてようやくなにか「旅行に来たなあ」という気になりました。いえ、決して旅行ではありImg_2144_2
ませんが

 

 

 

 この「水路閣」、一体何をする建物なのかと思いますが、実は上をミスが通っております、いわゆる通Img_2147
水橋といった感じです。なにか、ローマ帝国のようですねえ。こんな感じです

 

 

 

Img_2149
 このあと、京都市動物園の横を通り、岡崎(平安神宮のそば)の、車を停めてある駐車場まで戻ってまいりまして、昨日の「京都、自転車でぶらぶら」はおしまい・・・でございます。ああ、舞妓さんと写真を撮りたかった・・・まだ言ってますが。次にそんな機会がありましたら、必ず声をかけたいと思います

 

 

« 最後の“夏休み”・2 | トップページ | 映画の話・673 「 神様のカルテ 」 »

お出かけ・旅」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

違うかもしれませんがこの南禅寺、宮崎あおいちゃんと韓国の俳優さんとの恋模様を描いた映画の舞台になったところですか?景色がキレイで行ってみたいと思っていました題名何だったかな〜よ〜し私も行ってみよ

相変わらずタフですねぇ。
フットワークも好奇心も、○○歳とは思えません。なに食べてるの?(笑)
余談ですが、『半沢直樹』の原作者、池井戸潤が『かばん屋の相続』と言う小説を書いてますが、お読みになった?
私、未読なんですが、気になっております。
きっとIchi-papaさんが周回されたあたりの風景がたくさん出てくるでしょうね。

おつぅさんへ


 そのと~~り。宮崎あおいちゃんとイ・ジュンギさんの「初雪の恋~バージン・スノー」ですね。まさにこの場所、出てきましたよ。たしかあおいちゃんが絵を描いているシーンだったと思います。
 他にも「クローズド・ノート」にもこの場面が出てますし、2時間ドラマには必ずと言っていいほど出てきますよね。よかったら行ってみてください。ちなみに南禅寺、山門に上がるのはお金がかかりますが、水路閣を見るのは無料です
 春か秋がいいですよ

生ハムメロンさんへ

 ありがとうございます。夏はゴーヤ、食べてます。でも私の主たる目的は「ドラマ出演」ですので、こういうぶらぶら歩きはおまけです

 その小説は「一澤帆布」の例のゴタゴタがモデルなのですか?機会があれば読んでみます。まずは「永遠の0」を読もうと思ってます。

 また写真撮影、ご一緒しましょう。そうそう、この南禅寺水路閣の写真、生ハムメロンさんに見てほしかったのです。他の写真も”あちら”の方にアップしたいと思いますので、また観てくださいね。

そう、一澤帆布のお話みたいですよ。
同じく池井戸潤の『空飛ぶタイヤ』も実際にあった三菱自動車のリコール隠しが題材で、「わー、いくらフィクションとは言えここまで書いていいの?」ってぐらいリアリティがあって、すごくおもしろかったんです。
『かばん屋・・・』もそんな感じなのかなと思って。
水路閣の写真、素敵ですねぇ。心なしか秋っぽい。
私、風景写真は苦手なので勉強になります。

生ハムメロンさんへ

 そうなんですか。私、池井戸潤さんの作品は読んだことが無いので、読んでみたいです。井戸田潤さんの漫才は観たことがありますが

 写真、勉強になります・・は言いすぎですよ。私なんか、ど素人ですから

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の“夏休み”・2 | トップページ | 映画の話・673 「 神様のカルテ 」 »