フォト
無料ブログはココログ

« えっ、そうだったの!(「半沢直樹」の小木曽さん!) | トップページ | 映画の話・672 「 白夜行(日本版) 」 »

2013年8月23日 (金)

映画の話・671 「 麒麟の翼 」

20110831026fl00026viewrsz150x1_2 2011年の日本映画です。TBSドラマ「新参者」の劇場版らしいです。

 私はそのTVドラマを観ていませんが、この映画だけで十分に楽しめました。かつてTVドラマ「ガリレオ」の映画版として「容疑者Xの献身」という作品がありましたが、それと同様にこの作品だけでしっかりと存在感を発揮しております。・・・ただ、この二作を比べるならば、やっぱり「容疑者X・・・」のほうが上ですけどね

 始まってすぐに主役級の俳優さんである中井貴一さんが殺されてしまうので、「どうなってしまうんだろ~」と心配したのですが、途中途中にしっかりとエピソードとして出てこられました。お話自体もしっかりと作られていて、サスペンス&人情劇として楽しむことができました

 

 ただ、ひとつ納得できない・・・といいますか、物足りなかったのは、中井貴一さん演ずる「青柳さん」の社会的な名誉が回復されなかったこと。警察がいろいろ調べて真実がわかり、家族もずっと信じていた・・・というのはいいのですが、社会的には「青柳さんは殺されても仕方ないような悪いことをしていた」と思われているままですよね。これ、具合悪いことありません。少なくとも私はすっきりしませんでした。せっかく途中で柄本くんが出てきて「真実と違う」と言ってくれてるんですから、そこのところも「やっぱり青柳さんはいい人でした。鶴見辰吾さん演じる小竹こそが悪かったのです」みたいに劇中のTVででも流れてくれれば、すっきりしたんですけどねえ

 ガッキーはあまり関係なかったのね。本当は、もうちょっと本筋に絡んでほしかったのですけど・・・

 いろいろ書きましたが、それでも映画としてはしっかり楽しめました。私は東京=人形町のことは全く知りませんが、その界隈のことに詳しければ、もっと作品を楽しめたのでしょうね。でも、とにかく、だいたい予想したぐらいの楽しみは与えてもらえました。これぐらい楽しめれば、まあよしでしょう。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

 

 

 

 

 

 

« えっ、そうだったの!(「半沢直樹」の小木曽さん!) | トップページ | 映画の話・672 「 白夜行(日本版) 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« えっ、そうだったの!(「半沢直樹」の小木曽さん!) | トップページ | 映画の話・672 「 白夜行(日本版) 」 »