フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・667 「 パッチギ! 」 | トップページ | 懐かしの弁天埠頭へ(20113.8.13) »

2013年8月12日 (月)

映画の話・668 「 洋菓子店コアンドル 」

20100706008fl00008viewrsz150x1 2010年の日本映画です。

 こういう素朴な女の子を演じさせたら、蒼井優ちゃんは本当にピッタリですね。この映画もまさに優ちゃんのためにあるような映画でした。ただ、優ちゃん演ずる「なつめ」があまりにも世間知らずだったり礼儀・常識知らずだったりするところは、やっぱりちょっと閉口しましたが。作品を通じてもっともっと成長した姿が描ければよかったんですけどねえ(汗)。
 それから突っ込みどころ・気になるところといえば、私には特に後半でマリコが調理台の上に座っていたこと・・・。あれはやっぱりパティシエの風上にも置けない行為なんじゃないですか~

 まあ、いろいろと突っ込みどころも多い本作なのですが、全体としてはそれなりに後味のよい仕上がりになっていると思います。「洋菓子」を中心に据えているからということもあると思いますが(このお菓子たちは本当においしそうです)、まさに「昼下がりのティータイム」といったような映画でした

 ・・・えっ、よくわかりませんかこの映画が人生に必ず必要ということはありませんが、それなりにいい時間を過ごさせてくれる、そんな映画です

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・667 「 パッチギ! 」 | トップページ | 懐かしの弁天埠頭へ(20113.8.13) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・667 「 パッチギ! 」 | トップページ | 懐かしの弁天埠頭へ(20113.8.13) »