フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・660 「 GO 」 | トップページ | 残念!大阪・交通科学博物館閉鎖! »

2013年7月23日 (火)

映画の話・661 「 英国王のスピーチ 」

20101220003fl00003viewrsz150x1 2010年の、イギリス・オーストラリア合作映画です。

 2011年米アカデミー賞作品賞受賞作品。昨年末公開された超話題作「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー監督作品・・・ってことらしいです

 かなりの高評価を集めた作品なのですが、正直私には「今一つ」でした。いえ、いい作品だったのですよ。もちろん及第点以上の作品であることは間違いないと思います。でもね、私にとっては、あまり心を動かされなかったかな。実話であるとか、ジョージ6世の人間味がよく表現されているとか、医師(カウンセラー?)との交流が見どころとか、確かによくわかるんですけど、ちょっと「理路整然」としすぎている感じがして、頭では理解できるのですが、心にはそれほど響いてこなかったです。まあ、いかにも「イギリス映画」っぽい感じでありました

 いえ、でもね、先ほども書きましたが、いい作品であることは間違いないのですよ。ただ、私の感性にはあまり合わなかった・・・そういうことだと思います。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・660 「 GO 」 | トップページ | 残念!大阪・交通科学博物館閉鎖! »

映画」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる意味、よく判るわぁ〜
よく出来た映画だな〜って私も思いました。
確かにそうだったよ。うん。

エチュさんへ

 共感していただいて、ありがとうございます。いい映画なのですけど、理解を超える「感覚」の部分で感動できなかったという感じですね。なんかしらんけど、おもしろかったわ~っていうのと、逆の感じです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・660 「 GO 」 | トップページ | 残念!大阪・交通科学博物館閉鎖! »