フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・631 「 乱暴と待機 」  | トップページ | 映画の話・633 「 私の優しくない先輩 」 »

2013年5月11日 (土)

映画の話・632 「 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 」

20100320001fl00001viewrsz150x1_2 2010年の日本映画です。

 これもよくある、底の浅い青春ものかなあ・・・などと、最初はあまり期待していませんでしたが、これがなかなかいい。思春期・青春期の女の子たちの心の機微を見事に表現している。まさに青春。もしかしたら青春現在進行形の方々よりも、かつて(もうかなり前に)青春時代を経験した、たとえば私のようなものの方が、この映画には感動できるのかもしれません


 お話自体はそれほど際立ってどうということも無いように思います。けれど、登場してくる特に女の子たちが、一人ひとり本当にいいのですよ。いえ、これ、けっしていやらしい意味で言っているのではありません(苦笑)。一人ひとり、本当にどこにでもいそうな子たちで、一人ひとりそれぞれに悩み・思いを抱えている。その中で「書道パフォーマンス」にやりがいを見出し、自己を表現していく。う~~ん、いいですねえ

 成海璃子さん、桜庭ななみさんをはじめ、みなさん自然な演技が本当に素晴らしかった。桜庭ななみさんは「最後の忠臣蔵」の素晴らしい演技のほうを先に観てしまったので、逆に「この映画ではどうなんだろう?」とちょっと心配しておりましたが、こちらはこちらで素晴らしかったです。ほかの方々とも合わせて、「等身大」の演技に引き込まれました。本当に、この「等身大」っていうのが、この作品の一つのカギですよね

 郷土愛や地方都市・地方の商店街の衰退の問題も絡めながら、そこに生きる女子高生たちの心の機微を見事に描いてみせた秀作ではないかと思います。TV局が絡んでいても、いい映画が作られることがあるんですね(苦笑)。「リンダリンダリンダ」などともよく似た、青春映画の傑作の一つではないかと思います

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・631 「 乱暴と待機 」  | トップページ | 映画の話・633 「 私の優しくない先輩 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

見た見た😄
私も「どうせ…」って感じで見始めたけど
これは面白かったわ✨✨

エチュさんへ

 ですよね。私も同じで、本当に「拾い物」でした

地元愛媛の作品なので嬉しかった記憶あります。
っていっても紙の街四国中央市は香川県よりだし私の住んでいる松山市からはかなり遠いのでなかなか行くことないですね~って言ったことないかも(笑)関係ないコメントですね(^-^;
桜庭ななみちゃん可愛かったですね。怒ってる姿なんて特に。
舞台になった高校がたまに愛媛で書道パフォーマンスしたニュースを見ると、この映画思い出したりもします(^^)

もぐさんへ

 いい映画ですよね。地元やよく知っているところが出てきたら、うれしいですよね。私はかつて香川・高松に住んでいたので、舞台になったあたりに行ったことが(通ったことが)あります。映画では触れていませんでしたが、じつはとっても臭かったのを覚えています。紙を加工する臭いだそうです。でも、そういうマイナスイメージのことは触れない方がいいですよね

 でも、本当に、青春映画の傑作のひとつだと思います。「青春デンデケデケデケ」と同じくらい感動しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・631 「 乱暴と待機 」  | トップページ | 映画の話・633 「 私の優しくない先輩 」 »