フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・643 「 日本文学シネマ・黄金風景 」 | トップページ | 映画の話・645 「 日本文学シネマ・富美子の足 」 »

2013年5月31日 (金)

映画の話・644 「 グッド・バイ 」

20100506004fl00004viewrsz150x1 2010年の日本映画です。

 これもなかなかの良作。太宰作品の持つ、人生に対する悲しさ・こっけいさのようなものがうまく表現されていると思います。それもこれも主演の水川あさみさんの好演によるものでしょうか。いえ、もちろん脚本・監督の力量も素晴らしいのだと思いますが、水川さんの演技が生き生きとしていて、まさに「グッド・バイ」の世界を具現化してくれていたように思いました
 そしてもう一人の主役、山崎まさよしさん。この方も達者ですねえ。ミュージシャンとしてもなかなかおやりになるのですが、時々出演される映画で見せるその繊細な演技は、評価されてしかるべきだと私はいつも思っております。まあ、この作品の場合は、「繊細」というよりは「飄々」といった感じでしたが

 とにかく、感動大作ではありませんが、なかなかに味わいのある、小品佳作だったように思います。おもしろかったです。

 

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・643 「 日本文学シネマ・黄金風景 」 | トップページ | 映画の話・645 「 日本文学シネマ・富美子の足 」 »

映画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・643 「 日本文学シネマ・黄金風景 」 | トップページ | 映画の話・645 「 日本文学シネマ・富美子の足 」 »