フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・608 「 美しい夏キリシマ 」 | トップページ | 映画「転校生」ロケ地に行ってきました »

2013年3月 2日 (土)

さらば、尾道!

Img_1432 昨日・今日と一泊で広島県は尾道まで行っておりました。いえ、旅行ではありません。広島の高校に進学していた次男の卒部式・卒業式に出席するためです。それと寮からの荷物の引き上げもかねまして昨日3月1日(金)の夕方前から卒部式がありまして、本日3月2日(土)朝から卒業式がありました。

 卒業式も大切なのですが、特にクラブを頑張るために広島まで行った本人たち・そして親にとりましては、やっぱり「卒部式」がメイン・イベントです。一般的に言いますならば、大学等卒業後の謝恩会のようなものです。例年通り感動的な式でした。とは言いましても私は初めて出席しましたので、例年を知りませんが。でも、本当に感動的でした。監督が卒業生一人ひとりを紹介し、その後本人が一言述べる・・・というのが一番の「見せ場」だったのですが、一人ひとりがどんな思いで毎日過ごしてきたかがわかって、心にグイグイきました。特に、みんながお互いに刺激し合って、「変わっていく=成長していく」瞬間の話を聞くと、こちらまでもう涙なみだでしたよ

 それと、ほぼすべての卒業生が「この同級生たちと過ごせてよかった」「みんなと過ごせたことが一生の宝」と述べていたのを聞いて、「この学校に行かせてよかったなあ」と私も思いました。ここに至るまでは、いろいろあったんですけどね

 ところでそんな中で、ちょっと情けなかったことが一つ。卒業生一人ひとりの話を聞いて「みんな一生懸命頑張っていたんだなあ」と感動したのですが、それに比べてうちの次男のいい加減なこと。こいつだけはなんとなく3年間過ごしてなんとなく今日の日を迎えたのかなあ・・・なんて思うと、ちょっと情けなく、他のチームメイトのみんなに申し訳なくなりました。まあでも、本人なりには頑張ったんだと思うんですけどね。本当に厳しい状況で3年間過ごしましたし。でも本当に、チームメイトのみんなを始め、監督やコーチのみなさま、選手の保護者のみなさまなど、いろいろお世話になりました。本当に感謝しております

 とにかく、昨日の卒部式、本日の卒業式を終えまして、親としてもちょっとホッとした気持ちでおります。次男も同級生そして下級生にそれなりに愛されていたんだなあということが分かって、うれしかったです。大学に行っても同じようにたくさんの人と出会って、いい影響を与えあって、いい時間を過ごしてほしいと思います。

 ちなみにうちの家族は先ほど帰宅しましたが、本人は先輩の家に泊まりに行きまImg_1422
した。明日帰宅予定です。ちなみに明日は京都で大学生活を送る長男も帰宅予定です。久々に全員集合です。家が狭く感じられそうです。いえ、もともと狭いですけど

 最初の写真は、部旗の片隅に描かれているイラストです。これ、たぶん、尾道水道ですよね。見事な絵です。ちなみに全景はこんな感じです。イラストは左下Img_1501_2
に描かれております。

 ついでに、3年間過ごした寮です。いつの間にか、看板がついています

« 映画の話・608 「 美しい夏キリシマ 」 | トップページ | 映画「転校生」ロケ地に行ってきました »

スポーツ」カテゴリの記事

お出かけ・旅」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

御卒業おめでとうございます春から大学での御活躍もお祈り致します

お子様のご卒業おめでとうございます。
親元を離れての3年間は普通の高校生と比べても成長の度合いが全然違うことと思います。
我が子を他人に預けるということはいくら信頼関係があったとしても、不安も大きかったと思います。
「可愛い子には旅をさせろ」とは昔の話とばかりに過保護な親が増えつつあるこのご時世に、僭越ながらなかなかたいしたものだと感心致しておりました。
尾道で学んだ逞しさを糧として、きっと大学でもさらに大きく成長されることと思います。
なかなか先が楽しみですね。

おつぅさんへ
 ありがとうございます。まだまだ心配が続きます

なるへそさんへ

 ありがとうございます。高校3年間、本当にいろいろありました。けれど今回尾道に行かせていただいて、みんなに愛されて3年間を過ごしたのだということがわかり、それだけでも本当にありがたく思いました。
 4月からは少し近くなりますので、密かに試合を観に行こうと思ってます。

子ども達の成長と共に親も遠征や行事で楽しませてもらった3年間でした
この寮は息子も高2の時に住んでいましたその当時は普通のハイツなので
新婚さんが住んでいて高校生には刺激が・・・なんて話もありました

きーさんへ

 本当に、子どもたちにとってはもちろんですが、私たち親にとっても「特別な3年間」でしたね

 きーさんには特にうちの次男が調子が悪く、親としても一番しんどかった頃に、ずいぶん励ましていただきました。本当にありがとうございました。
 
 今後も、息子さんの活躍をお祈りしております。まずは進路の件、吉報を待っております

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・608 「 美しい夏キリシマ 」 | トップページ | 映画「転校生」ロケ地に行ってきました »