フォト
無料ブログはココログ

« ”バンドマン・セレナーデ” by ダンガン・ブラザース・バンド | トップページ | ”別れの予感” by テレサ・テン »

2012年8月 9日 (木)

オリンピックで、名言・2 (ボクシング、村田選手の名言)

P5270093  ロンドンオリンピック・ボクシング、ミドル級に出場され、銅メダル以上を確定された村田諒太選手についてのニュースの中から、名言を見つけました。高校時代、村田選手を指導された、武元先生のお言葉 

 “努力したからといって、必ず報われるわけではないが、努力しないと絶対に報われない。”

 

 う~~ん、さすがです。過日行われた今年(2012)のAKB総選挙の折、高橋みなみさんが同じようなことをおっしゃっており、その時も私は感銘を受けたのですが、この言葉、本当に含蓄があります

 

 私もいつも言っておりますように、努力は絶対に報われるというものではないと思っております。特に、同じ土俵で報われるかどうかは、決してわかりません・・・といいますか、同じ土俵では報われないことの方が多いかもしれません。だって、こういう大会で、最後まで勝つのは一人ですから。つまり、たとえばボクシングの世界で優勝しようと思って努力をしても、ボクシングの世界で(たとえばこの大会・オリンピックで)その努力が報われるのは(つまり金メダルを取るのは)最終的にたった一人です。そういう意味では、その一人以外の大多数は、努力は報われなかったということになります

 

 けれどそれでも、その一人になるために努力をしないと、はじめから「報われることを放棄した」ということになります。目指す道は困難だとわかっていながらも、努力をしなければ何も始まらないのです

 

 そして、この言葉に、あと少し解釈を付け加えさせてください。努力をしても、それが報われるのは最終的には一人・・・と書きましたが、それは「同じ土俵」での話。本当は、たとえば金メダルは取れなくても、そこまでたどり着く過程で、他のところで十分報われていると私は思います。たとえば、信頼できる友人がたくさんできた・・・とか、人生の目標が見つかった・・・とか。

 

 人生の答えは一つではありません。目標、もしくは到達点も一つではないのです。自分が最初に望んだ「もの」が手に入れられなくても、努力を続ければ、違う形の「ごほうび」を手に入れることができるのだろうと思います。

 

 でもとにかくなんにしても、努力をするところから始まる・・・ということです。この、武元先生の言葉を胸に、村田選手は今まで頑張ってこられたそうです。村田選手の目指すもの、まずはオリンピックの金メダルまであと二戦。悔いのない戦いをしていただきたいです。応援しています

 

 写真は、現在建設中、完成すれば西日本一の高さになる”アベノ・ハルカス”です。

 

« ”バンドマン・セレナーデ” by ダンガン・ブラザース・バンド | トップページ | ”別れの予感” by テレサ・テン »

スポーツ」カテゴリの記事

名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ”バンドマン・セレナーデ” by ダンガン・ブラザース・バンド | トップページ | ”別れの予感” by テレサ・テン »