フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・513 「 縞模様のパジャマの少年 」 | トップページ | 私の5つ星・その1 »

2012年6月26日 (火)

”おおBEIJING” by 爆風スランプ




YouTube: 爆風スランプ おおBEJING
 

  思い出に残る、あまり知られていない曲シリーズ第11弾。今回は「爆風スランプ」の“おおBEIJING”を取り上げさせていただきます。

  実はこの歌については、以前も書いたことがあるんですよね~。爆風スランプの7枚目のアルバム“ORAGAYO”に収録されております。この“ORAGAYO”というアルバム自体、非常に政治的・思想的なアルバムで、爆風スランプのコミカルな面しかご存じない方には、かなり違和感のある仕上がりになっております(だいたいこのタイトル自体「君が代」に対抗したものですからね。みなまで言いませんが・汗)。そしてそのアルバムのラストを飾った楽曲が、この「おおBEIJING」なのです

  BEIJING」とは中国の首都「北京」のこと。1986年に起こった天安門事件、特に6月4日の武力弾圧に静かに抗議する内容になっております。

  この曲には「ウーアール・カイシー君に捧ぐ」と副題(?)が付いております。この方は当時民主化を求めて天安門に集まった学生たちの指導的立場にあった人です。

  基本的にこのブログは「政治・宗教のことには触れない」ということを基本理念として書いておりますので、事の真偽、事件の詳細についてはここでは多くは語りませんが、あの時、国の将来を憂い、良い方向に向けようとの熱い思いを持って広場に集まった若人たちの気持ち、そしてそれが踏みにじられた時の落胆を思うと、関係のないこちらまでも、何かしら切なくなってしまいます

  そのような、当時の若者たちの気持ちを静かに代弁しているのがこの曲といえるかもしれません。広場に寝転んで明日を夢見、そしてはかなくもその夢はついえてしまった・・・そんな切なさが感じられる、知られざる名曲です

 

 

« 映画の話・513 「 縞模様のパジャマの少年 」 | トップページ | 私の5つ星・その1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんな曲があるとは知りませんでした表立った曲しか知らないので・・・

きーさんへ

 いい曲でしょ~。思えばこのころの爆風スランプが一番よかったように思います

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・513 「 縞模様のパジャマの少年 」 | トップページ | 私の5つ星・その1 »