フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・496 「 大奥 」 | トップページ | 映画の話・497 「 サイドウェイズ 」 »

2012年4月17日 (火)

「南回帰線」 by 菊池桃子

菊池桃子「南回帰線」デジタルリマスター高音質音源
YouTube: 菊池桃子「南回帰線」デジタルリマスター高音質音源

   思い出に残る、隠れた名曲シリーズ第5段であります。今回は、菊池桃子さんの「南回帰線」をご紹介させていただきます。

 菊池桃子さんといえば、現在はママドルを代表するおひとりとして、CMなどで活躍されておりますよね。でも今からかなり前、デビューされた当時は本当にかわいらしく透明感のある、まさに「アイドル」といった感じで売り出されておられました。

 

 シングルカットされた曲は、デビュー曲の「青春のいじわる」・セカンドシングル「サマー・アイズ」をはじめとして正統派アイドル路線だったのですが、そのアルバムは結構アーティスト色の強いものが多かったように記憶しております。

 

 それらのアルバムの中で、デビューアルバム「オーシャン・サイド」とともに評価の高かったものが、セカンドアルバムにあたります「南回帰線 ~トロピック・オブ・カプリコーン」なのです。

  今回ご紹介するのは、そのタイトルチューンであります「南回帰線」なのですが。この曲、切なくていい曲なのですよ。特に、歌がすべて終わってからの、サックスのソロ、これが哀愁を帯びていて、なかなか聴かせます(泣)。えっ?桃子ちゃんには直接関係ないじゃないかって・・・?まあ、そういえばそうなのですけれど、桃子ちゃんの歌の後のサックスのソロ、これがいいのですよ。 

 これらの歌を出した後、数年後に何をとちくるったか、「ラ・ムー」なるロックバンドを結成してしまうのですが、そのことはたぶん本人(桃子ちゃん)の中では触れられたくない過去なのでしょうね(笑)。 

 でもとにかく、ほかにも「二人のナイト・ダイブ」や「夏色片思い」など、結構音楽好きをうならせる隠れた名曲をうたっている、桃子ちゃん。現在はけっこういい歳になっておられるのですが、清潔感は相変わらずです。いつまでもこのイメージのままで、活躍を続けてくれたらな~・・・と思っています。

 

 

 

 

 




« 映画の話・496 「 大奥 」 | トップページ | 映画の話・497 「 サイドウェイズ 」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

菊池桃子はうちの弟が大ファンでした
南回帰線って題名で堀内孝雄ともう一人男性が歌ってた
曲がなかったですか??菊池桃子が歌ってるこの曲は
知りませんでしたが最後のサックスは「ケアレスウィスパー」に雰囲気が似てますねえ

きーさんへ

 弟さん、大ファンだったのですか。実は私も大ファンでした
 「南回帰線」、確かにベーやんともう一人のものもありましたねえ。世間的にはそちらの方が有名でしょう。

 ラストのサックスは確かに「ケアレス・ウィスパー」に似てますねえ。でも、なかなか泣かせるサックスでしょ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・496 「 大奥 」 | トップページ | 映画の話・497 「 サイドウェイズ 」 »