フォト
無料ブログはココログ

« 最後にもう一度・・・ | トップページ | 『 ジェノサイド 』(高野和明・著)読みました »

2012年1月29日 (日)

ミュージカル”ボニー&クライド”大千秋楽観てきました(2012.1.29)

2012012912370000 今日はお昼から、大阪・上本町にあります新歌舞伎座まで、ミュージカル”ボニー&クライド”を観に行ってきました。大阪公演最終日、先に行われました東京公演を含めましても、大千秋楽です

 一番のお目当ては濱田めぐみさん。劇団四季を突然辞められて(ご結婚のためですので、喜ばなければなりませんが)とっても寂しく思っておりましたので、今日久しぶりにその演技&歌に再会できることを楽しみにしておりました。

 開演時間が来て客電が落ち、舞台には女性の人影が・・・。誰だろうと思っているとその方が歌い出しました。その一声目でわかりましたよ・・・「濱田さんだ」。一気に興奮は最高潮に達しました

 その歌は、本当にさすがでしたね~。もしかしたら四季の時よりもうまくなっているのではと思わせるぐらいの、太くて高い声。大迫力で、大満足でした。それに、付け加えて書きますと、演技が可愛いんです。いままでわたしが観ていた役としては、まず「アイーダ」のアイーダ王女、それに女スパイ・川島芳子・・・。しっかりした女性の役が多かったんですね。でも今回は大人になりきれない「少女」の役。甘え2012012912370001
たり駄々をこねたりの演技が、とっても可愛かったです

 お話の方は、私、映画「俺たちに明日はない」も観たことがありませんし、史実の方も知りませんでしたので、まったく「さら」の状態で観せていただいたのですが、とっても悲しかったです。行き場のない思いを抱えた「ボニーとクライド」が、徐々に破滅に向かっていく様子は、本当に切なかったです。そしてあのラスト・・・

 私、今日はパンフレットなどは買わずにおこう(いつも、買ってはそのあとまったく見ずになおしてあるだけですので)と固く心に誓っていたのですが、観終わって帰るときに・・・やぱり買ってしまいました。それぐらい感動しました

 カーテンコールが何度もあって、客電がつき、終了アナウンスがかかっても、拍手が鳴りやまない。これはもう一度出てこられるのでは・・・と思ってしつこく待2012012916300000っていると、最後にもう一度出てこられました。そして、濱田さん・田代さんから生のご挨拶が・・・。これはいいものを見せて・聞かせていただきました。まさに「感動」のカーテンコールでした

 一年以上ぶりの「濱田さん」でしたが、本当に素敵でした。次、いつ会えることやら・・・。せっかく四季を辞められたんですから、これからもどんどんいろいろな作品に出演して、私たちに感動を与えていただきたいと思います。あ~、今日はいいものを観せてもらったな~




YouTube: ミュージカル『ボニー&クライド』 ボニー(濱田めぐみ)ダイジェスト

« 最後にもう一度・・・ | トップページ | 『 ジェノサイド 』(高野和明・著)読みました »

音楽」カテゴリの記事

お出かけ・旅」カテゴリの記事

マニアック」カテゴリの記事

コメント

 ミュージカル”ボニー&クライド”媚態の感動が伝わってきました。
 
 映画でボニーを演じた、フェイ・ダナウェイのファンでした。確かに、ミュージカルで演るなら、濱田めぐみさんかもしれませんね。

 それにしても、あの鮮烈なラスト・・・映画はスローモーションでしたが、舞台でどう表現したのでしょう。メールでこっそり教えてください(笑)。

古市のかんさんへ

 映画好きの「かんさん」なら、「俺たちに明日はない」の一シーン一シーンが目に浮かばれるでしょうね。私はまだ映画を観ていないのですが、これは近日中に見なければと思っています。みたらまたここでご報告させていただきますね。ラストシーンについては、後ほどメールで報告させていただきます(笑)。

はじめまして!

 マイブログにコメント戴き、
 ありがとうございました。≪ボニー&クライド≫
 ?な噂が先行した節がありましたが、
 百聞は一見にしかず!で、本当に見応え
 あるミュージカルでしたね。
 なにより、やっぱり、濱田めぐみさんが
 舞台におられたことが、1番嬉しかったです♪
 
 次々と出演作品が決まっておられるようですね。
 これからも応援のし甲斐がありそうですね♪
 これからもよろしくお願いいたします。

花蓮さんへ

 これはこれは!ようこそおいでいただきました。ありがとうございます
 何度も書きますが、いい舞台でしたね~。今でもまだ余韻を引きずっております。映画の方、昨日観ました。

 ジキル&ハイドは、行く予定で、現在チケットを探しております(いつも、おけピで購入します)。今度は三階席あたりでお安く観ようと思っておりますが

 ブログの方、また寄らせていただきます。これからもよろしくお願いいたしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後にもう一度・・・ | トップページ | 『 ジェノサイド 』(高野和明・著)読みました »