フォト
無料ブログはココログ

« 「神様のカルテ・2」(夏川草介・著)読みました | トップページ | 「 星守る犬 」(村上たかし・著)読みました »

2011年6月27日 (月)

TBS系ドラマ”Jin~仁~・2”見とどけました

51ovablxi4l_sl500_aa300_1
 昨日の夜は、TBS系ドラマ”Jin~仁~・2”の最終回を観ました。このドラマ、いつもは録画をしていて、後日時間のある時に観るのですが、さすがに昨夜は最終回。リアルタイムで観たいと思い、ほかのことを調整しながらよる9:00のはTVの前へ。Jin先生そのほかの方々の最後を、三男と二人でしっかりと見とどけました以下、ネタばれをできるだけ避けながら感想を書きたいと思います。

 いや~、切なかったですね~。なにがって、咲さんの想いが・・・。先生のことをあれほど尊敬し、あれほど慕いながら、それでも大きな歴史のうねり(いたずら)のなかでその先生の名前や存在までも忘れていってしまう・・・。名前すら思い出せなくなりながらも先生への想いを記録(記憶)に残したいと思い、「OO先生へ」と書き出すその想いに、私は心の中で号泣してしまいました(なぜ「心の中で」かというと、三男と一緒に観ていたからです。一人なら絶対にその場で号泣です)。最後の「お慕いしております」にもまた涙涙

 でも本当に、「忘れてしまう」ということは、切ないことですね~。タイムスリップはめったに()ないですが、かつてあれほどまでに想い合ったのに、時間とともに忘れてしまう・・・ということは現実にもありますから、そのあたりのこととも思いあわせて、とっても切ない気持ちになってしまいました

 あと、前回のシリーズから疑問になっていたこともこの最終回ではすっきりとさせてくれ、大満足の最終回でした。私がもっと若いころに夢中で読んだ、藤子不二雄(藤子不二雄F)さんのSFシリーズや松本零二さんの漫画などで何度も目にした(耳にした)パラレルワールドなども出てきて、ラスト1時間は本当にワクワクしました

 

 前回シリーズ、そして今回と、とっても楽しませてもらいました。この続編・・・はなかなか作れないでしょうが、それでもこのドラマには本当にワクワクさせていただきました。出演者の皆様、関係者の皆様に、お礼申し上げたいと思います。

 さあ、次はフジTV系”BOSS”もそろそろ最終回。次はどのドラマを楽しみにしようかなあ

 写真は、JIN~仁~のサウンドトラックCDのジャケットです。

« 「神様のカルテ・2」(夏川草介・著)読みました | トップページ | 「 星守る犬 」(村上たかし・著)読みました »

ニュース・芸能」カテゴリの記事

TV」カテゴリの記事

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

σ(^_^)は、一人で見ていたので、何度も泣きながら見ていました

三男君と一緒に見ていたから泣かなかった、というお気持ちはすごくわかります

σ(^_^)は最近、家内と一緒に見ていても平気で泣くようになりましたが、娘と見てたらどうだろうかあ

まあ最近、娘と同じものを見ることがほとんどなくなりましたが


お話は、なるほどこのように繋げるのか!と思いました。
いつの時代にも、その人が生きてきた証、もし未来や過去が違う地層でつながっていても、龍馬が言う「同じ心の中にいる。」


しっかりと自ら生きることによって、知らず知らず歴史は刻まれてゆくんだ、と実感しました。


σ(^_^)も、くだらないことにクヨクヨしてないで、しっかり生きねばと。


またσ(^_^)も日記でJINのこと書きます

ちゃりおっとさんへ

 家族と観ていて、涙を流すのはちょっと照れ臭いですよね。でも本当に、自分自身しっかり生きて行かなければ、と思い直してしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「神様のカルテ・2」(夏川草介・著)読みました | トップページ | 「 星守る犬 」(村上たかし・著)読みました »