フォト
無料ブログはココログ

« 『 キッチン 』(吉本ばなな・著)読みました | トップページ | 映画の話・264 「 DRIVE 」 »

2010年7月17日 (土)

『 キッチン 』をより楽しむために

Vpcb840201  先ほどご紹介させていただいた『キッチン』の中に、主人公「雄一」と「みかげ」が夜中に掃除をしながら歌を歌うシーンが出てきます(単行本61~63ページ)。

 ♪月明かりの影 こわさぬように

 岬のはずれに ボートをとめた♪ 

 これ、菊地桃子さんの「Futari No Night Dive」という曲なんですよね。作中でもしっかり紹介されていますが。この曲、まさにこの作品のイメージにピッタリで、「さすが吉本ばななさん」と思ったことを思い出します。

 この作品を最初に読んだ当時、私、菊地桃子さんも大好きでね~。この曲が入ったアルバム「Ocean Side」もよく聴いておりました。このアルバムの中ではこの曲はどちらかというと地味な曲(A面としてシングルカットもされていませんでしたしね)だったのですけど、よくこの曲に注目したなあと思いました。

 このアルバム、いいアルバムですよ。もちろん当時のアイドル色満開ですが。デビュー曲「青春のいじわる」(このタイトル、「いかにも」って感じでちょっと恥ずかしいですね)もいい曲ですし、「サマー・アイズ」は名曲だと思います。

 ついでに書きますと、菊地桃子さんのアルバムとしては次の「南回帰線~トロピック・オブ・カプリコーン」がこれまた名盤なんです。ラストチューンでタイトル曲の「南回帰線」これは本当に名曲です。特に最後のサックスのソロがいい。え、桃子ちゃんのボーカルは?それはまあそれでいいんですけどね。

 話が横道にそれましたが、『キッチン』をより楽しんでいただくために、できましたら菊地桃子さんのアルバム「Ocean Side」を準備していただきたいと思います。

« 『 キッチン 』(吉本ばなな・著)読みました | トップページ | 映画の話・264 「 DRIVE 」 »

音楽」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 キッチン 』(吉本ばなな・著)読みました | トップページ | 映画の話・264 「 DRIVE 」 »