フォト
無料ブログはココログ

« "Black Bird"観てきました | トップページ | 大人気らしいです・・・HAYABUSA ~back to the earth »

2010年6月25日 (金)

劇団四季”55Steps"観てきました

20090816123200001  2009年8月16日付け、以前のブログ記事の再録です。観劇記録としてもう一度載せさせてください

 大阪四季劇場で”55steps”を観てきました。四季の舞台は昨年末の「オペラ座の怪人」以来、ほぼ半年ぶりです。もっと観に来たいんですけどね、時間とお金が無くてね~。今日も劇場2階の一番後ろの席(C席3000円な20090816154400001 り)で観ましたよ。

 ”55steps”は劇団四季の創立55周年を記念して創られた演目で、代表的なミュージカル作品の中から数曲ずつを歌って踊る、まさに「ミュージカルの宝石箱や~」といった感じです。

 ただ、私にとっては知らない曲・演目もありましたので、どこまで楽しめるか少し不安だったのですが、それはまったくの杞憂でした。本当に楽しかったですし、本当に感動しました私の大好きな「アイーダ」からの曲(「愛の物語」「勝利ほほえむ20090816123700001」「星のさだめ」)のイントロがかかるだけで、もう条件反射のように心が震えました。ちょう ど「サクマ式ドロップ」の缶を見るだけで「火垂るの墓」を思い出して泣けてきてしまうのと同じです。それから、「美女と野獣」「キャッツ」「異国の丘」「南十字星」などなど観たことのある演目、それから観たことのない演目からの曲も、本当に十分に楽しむことができました。

 途中「ドレミの歌」では観客を舞台に上げたり、カーテンコールでは俳優さん方が客席をまわってくださったり、本当にお客さんに楽しんでもらおうという配慮が随所に見られて、本当に楽しかったです。

20090816141600001  今回の舞台で、特に心に残ったことが二つありました。(ここから は少しマニアックな話になると思います。あしからず。)まずひとつは、早水小夜子さんの歌の素晴らしさを実感したこと。今までにも「キャッツ」や「美女と野獣」で早水さんの歌は何度か聴いたことはあったのですが、今回は特にその素晴らしさを痛感いたしました。演目が始まってすぐ、早水さんの歌声に魅了され、途中群舞の場面では誰がステージに上がっているのかわからなかったのですが、歌声の中に早水さんの声が聴こえてきてどこにいらっしゃるのか探したほどです。それほど早水さんの歌声は存在感がありました。素晴らしかったです。「メモリー(ご存知”キャッツ”です)」のときは、泣きそうになってしまいました。四季の舞台で歌声を聴いてこれほどの衝撃を受けたのは、濱田めぐみさん以来です20090816154000001

 それから二つめ。本回の女性ボーカルパートは先ほど書かせていただきました早水小夜子さん・井上智恵さん・今井美範さんのお三方だったのですが、この今井美範さんが本当に素晴らしかった。この方の舞台も何度かは拝見しているのですよ。ただいつも失礼ながらチョイ役でした。でも今回はそうそうたるメンバーの中でボーカルパートを任されている、それだけでも驚きなのですが、実際歌声を聴いてびっくり。そして納得めっちゃ歌うまい~。いや~、感動しました。こういっては大げさに聞こえるかもしれませんが、今井美範さん、次の時代の四季を担う人の一人になるのではと思いましたよ。特に四季の「歌」パートをしっかり支えていってください。

 井上智恵さんもよかったのですよ。「アイーダ」のころから比べると、上手くなられましたよね。上から目線のような発言で申し訳ありませんが。

 ダンスもですけれど、やはり「歌」というも20090816123000001 のの持つ力を実感した一日でした。歌は素晴らしい

 最初にも書きましたように、なかなか観にいくことはできないのですが、行けば必ず元気がもらえます。これからもなんとか時間を作って観にいきたいと思います。京都で公演していた「美女と野獣」も観にいきたかったんですけどね~。それから次の大阪の演目「ウィキッド」も。「ウィキッド」のエルファバ役、濱田さんがやってくれないかな~

« "Black Bird"観てきました | トップページ | 大人気らしいです・・・HAYABUSA ~back to the earth »

お出かけ・旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "Black Bird"観てきました | トップページ | 大人気らしいです・・・HAYABUSA ~back to the earth »