フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・252 「 22才の別れ ~Lycoris 葉見ず花見ず物語 」 | トップページ | 「 汲む 」・・・不器用な大人たちへ(2008.9.1の再録です) »

2010年6月12日 (土)

この曲を演奏したかった・・・”Burn"by Deep purple

514rk0q4s2l_sl500_aa240_1_3  2008.11.28の再録・追加記事ありです。

 ずいぶん久しぶりに、「影響を受けた音楽シリーズ」♪。

 私、中学・高校・大学、そしてそのあともずっとハードロック(決してへヴィーメタルではありません)が大好きで、バンドでもハードロックを中心に演奏しておりました。

 ハードロックに目覚めたのは確か中学2年の頃だったとおもいます。クイーンやレッド・ツェッペリンなどの影響を受けたのはもちろんですが、当時のバンド少年ならたぶんほぼ100%影響を受けたであろうDeep Purpleの影響を、私も色濃く受けました。その中でも楽曲を一つ挙げるならば、やはり”Burn”でしょうか。日本語のタイトルは「紫の炎」。当時の彼らの曲の邦題には、とにかく何でも「紫」をつければいいという風潮がありました。たとえばKISSの曲の邦題には「地獄の」をつければいいというようなものです(笑)。

 で、その”Burn”、イントロのリフが印象的な曲でありましたが、一番の聴きどころはそのソロ。ギターソロももちろんですが、何と言ってもキーボードソロ。ベースとキーボードが絡み合うそのソロは、聴いていると感動して本当に涙が出てきます。細かいことを言うと、特にヘッドフォンで大音量で聴くのがお勧めです

 高校の頃から大学卒業後まで、本当に長い間ロックバンドをしてきましたが、思えばこの曲を演奏したくてバンドを始めたようなものです。ちなみにその目標は高校3年の時に達成されましたが

 今でもTV等でよくつかわれているこの曲のイントロを聴くと、とっても懐かしい気持ちになります。そして今でも時々、通勤時などの車の中で、大音量でこの曲を聴いてみたりしています。影響を受けた曲は数々ありますが、この曲もまぎれもなくそのうちの一曲です。

 写真は、この曲が収められているアルバム”Burn"のジャケットです。当時、私も買いました。

 追記:Burnはやっぱり時を経ても名曲ですよね。いろいろなところで耳にします。最近ではキムタクさんが出演していた「タマホ~~~~ム」のCMで使われていましたよね。

« 映画の話・252 「 22才の別れ ~Lycoris 葉見ず花見ず物語 」 | トップページ | 「 汲む 」・・・不器用な大人たちへ(2008.9.1の再録です) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・252 「 22才の別れ ~Lycoris 葉見ず花見ず物語 」 | トップページ | 「 汲む 」・・・不器用な大人たちへ(2008.9.1の再録です) »