フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・229 「 ラスト・プレゼント 」 | トップページ | 映画の話・230 「 武士の一分 」 »

2010年4月16日 (金)

人間の幅を広げるには・・・

2010041612100000  普段は奈良県の山奥で仕事をしている私でありますが、今日は大都会・新大阪まで行ってきました。で、その中で聞いた話の中のひとつにとっても感銘を受けましたので、ここでご紹介をさせていただきます

 ・・・たとえば友だちや気の合う人とばかり仲良くするのは心地よい。気の合わない人と一緒にいたりするのは不愉快だ。けれど、自分の人間性を広げるためにはそういう「価値観の合わない人」と接していくのが大切。そういう人と接して「こういう考え方もあるのか」と知っていくことが、人間の幅を広げることにつながる。そしてこれが「人間的に大きくなる」ということである・・・。

 これがそのお話の要旨です。これはたとえば講演会や研修会でのお話ではありません。その方がある人(私ではありません)を諭すためにおっしゃった言葉なのですが、横で聞いていた私の心にも「刺さる」言葉でした

 思えば私は「人間的に成長したい」と言いながらも、自分と考えの合わ2010041612570000ない人と できるだけ関わりを持たないようにし、人間の幅を自ら狭めてきたように思います。特にこの2・3年はその傾向が顕著だったように思います。けれど、今回の異動をきっかけに自分の中でもなにかが変わり始めてきたなあとも思っております。どれだけできるかはわかりませんが、これからは少しずつでも、今まで「合わない」と思い遠ざけてきた種類の人とも関わりを持ち、本当に人間的な幅を広げていきたいと思います。今日はいいお話を聞くことが出来て、なにかしら得したような気がしました

 最初の写真は雨に煙る大阪の街、後のは私が大学を卒業してすぐにアルバイトをしていた、新大阪駅構内の本屋さんです。

« 映画の話・229 「 ラスト・プレゼント 」 | トップページ | 映画の話・230 「 武士の一分 」 »

名言」カテゴリの記事

コメント

あーっ!
この本屋さん…
確か原宿にもあったような…
今は無いのかな
さすが本好きなげばらくん…
おっとichi-papaさんらしいですね

花風さんへ

 たぶん全国には数店しかないと思うんですけどね。でも、東京にも数店ありました。八重洲口とかにあったかな~。

うるる…
なんだかとっても勇気付けられました。
私は自分の価値観とか既成概念を壊すために、自分とはまったく異質な人達とお付き合いせざるを得ない状況に、あえて身を置くことにしたのですが、これが結構しんどくて。
わざわざ自分でしんどいことを選ぶ必要もないし、もうやめてやろうかなぁなんて思うこともしばしば…。
でも、このブログを拝見して、とりあえず目指す方向は間違っていないと肯定してもらえたような、励ましてもらったような気がします。
もうちょっと頑張ってみようかな…。
ありがとうございました。m(_ _)m

生ハムメロンさんへ

 うれしいコメント、ありがとうございます。なにかしらのお力になれたのなら、本当にうれしいです
 私も自分から合わない人たちとつきあったり、苦しいことに身を置こうとは思いませんが、そういう状況になれば必要以上に遠ざけたりせず、それなりにお付き合いさせていただこうとは思っています。まあでも、何事も無理は禁物ですからね。生ハムメロンさんも、あまり無理はなさらないようにしてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・229 「 ラスト・プレゼント 」 | トップページ | 映画の話・230 「 武士の一分 」 »