フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・201 「 CASSHERN 」 | トップページ | 映画の話・202 「 幻の光 」 »

2010年2月 6日 (土)

『プロ論』読みました・2

20100128194000001  先日もお話しさせていただいた、『プロ論』(徳間書店)から。

 今回は佐々淳行さんのお話。佐々さんは元警察のえらいさんで、有名なところでは浅間山荘事件のときに警察の指揮を執った人です。

 

 ・上司にモノをいうときは、サシでいうこと。会議の場で反論するなどというのはもってのほか。

 ・上司に指示を仰ぐときは3択の指示伺いが有効。

 ・同僚とうまくやるコツは根回し。ただ声をかけておくだけでもいい。

 そして、危機管理の基本は、悲観的に準備し、楽観的に対処すること。

 う~~ん、いちいちおっしゃることがごもっとも。私はもっと抽象的な言葉に惹かれることが多いのですが、今回の佐々さんの言葉は仕事をしていく上での具体的な教訓として、心に留めておきたいと思います。

« 映画の話・201 「 CASSHERN 」 | トップページ | 映画の話・202 「 幻の光 」 »

」カテゴリの記事

名言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・201 「 CASSHERN 」 | トップページ | 映画の話・202 「 幻の光 」 »