フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・185 「 死神の精度 」 | トップページ | 私の”全国大会” »

2009年12月26日 (土)

数字にまつわる数奇なお話

Nnjtwphh1  明日は有馬記念ですね~。今年はなかなか的中しないこともあって、あまり馬券を買うこともなくなりましたが、それでも「有馬」はやはり少し買っておかなければなりません(笑)。先ほど買う馬も決めましたよ

 ところで有馬記念と言えば私には忘れられない思い出があります。以前のブログにも書かせていただいたお話ですが、改めて書かせていただきます

 

 数年前の年末のこと。私は20歳代前半より競馬を少したしなんでいるのですが、競馬好きにとって年末といえば、ご存じ「有馬記念」なのであります。競馬好きにとってこのレースはちょっと特別なレースで、一年間の負けを取り戻そうと、毎年私はかなり思い切った額をかけます
 で、その年はちょうど、歴史に残る名馬”テイエムオペラオー”と”メイショウドトウ”という2頭が、各レースでしのぎを削った年でありました。他には”ナリタトップロード”なんて馬もいましたけど。

 有馬記念も先に挙げた二頭が本命・対抗に挙げられていたのですが、データ党(秋に活躍した馬は来ない)の私はこの二頭を買うつもりはなく、確か馬番は4番?”トーホウシデン”という馬を軸に据えるつもりだったのです。
 
 で、話は変わりますが、実は有馬記念の前々日、私は友人の結婚式に出席するために東京へ向かいました。新大阪の駅で新幹線の切符を手にすると、私の指定座席番号が7号車の13番(C席だったかな?)。7−13といえば、有馬記念の”オペラオー””ドトウ”の馬連の番号。私はちょっとドキッとしたのですが、まあ、何かの偶然だろうとそれほど気にはしなかったのです。この段階ではまだ、”トーホウシデン”軸の考えは変わっていませんでした。

 そして翌日、友人の式に出て、そしてまた翌日(有馬記念当日の朝です)大阪に帰るため新幹線の切符を買った私はびっくりまたもや私の座席番号は7号車13番(A席だったかな?)だったのです。
 
 神様か何かが私に7−13を買えと言っているそう悟った私は、大阪に着くや否やすぐさま日本橋の場外馬券場に走り、馬連7−13を買ったのでした。
 そして結果は・・・、見事に当たりました。おまけに何故かしら”ダイワテキサス”という人気薄の馬も絡めてワイドを買っていたものですからかなり儲かりました。その年は結構負けていたのですが、このレースだけで取り返し、年間トータルをかなりプラスにすることができました。ちなみにこのレース、”トーホウシデン”は惨敗してました

 有馬記念といえばまっ先にこの話を思い出します。今でも不思議ですが、誰か・何かが私に教えてくれたとしか思えません。でも、その後は現在に至るまで、全く教えてくれませんが(笑)。時々、世の中には不思議なことが起こるものであります

 写真は、私の大好きだった馬、”クロフネ”のケータイストラップであります。でも、写真ではよくわかりませんね。

« 映画の話・185 「 死神の精度 」 | トップページ | 私の”全国大会” »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・185 「 死神の精度 」 | トップページ | 私の”全国大会” »