フォト
無料ブログはココログ

« スポーツをダメにするもの | トップページ | 映画の話・180 「 ヒポクラテスたち 」 »

2009年12月 9日 (水)

映画の話・179 「 H E R O 」

20070807001fl00001viewrsz150x1  2007年の日本映画です。近々TVで放送されるらしいので、その前にと思いまして、感想を書かせていただきます

 私、TVシリーズは観ておりませんでした。まあ、木村拓哉さん演ずる久利生検事のTVショッピング好きとか、何でもあるあやしいBarの噂は聞いておりましたけどね(笑)。で、そのような私でもこの映画が楽しめるのかといいますと・・・、結論としては「まあまあ楽しめた」言ったところです

 基本的には昔からよくある勧善懲悪ものですから、観終わった後それなりにすっきりはします。今時珍しい「正義を貫く熱い心を持った検事さん(本来なら、検事さんや警察官、学校の先生や国会議員さんなんかもこうであってほしいのですけどね)」に出会うこともできましたしね(笑)。それに、松たか子さん、それから脇を固める方々もいい感じですし。(ラストシーン、少し驚きました。うまくいって良かったねえと思いながらも、ちょっと唐突だったかな。)

 ただ、これから観られる方は、やはりTVシリーズのスペシャル版という感じで観られた方がいいかと思います。映画としての「深さ」や、自分の生き方にいかなる影響を与えてくれるかなどということを期待して観ると、もしかするとかなりの不満が残ることになるかもしれません。特に(私のように)TVシリーズを観ていないとおっしゃる方には。「映画」であるということを忘れて、時間があるときに気楽に観られたら、けっこう楽しめると思います

 私の評価:☆☆(5つが満点です。)

« スポーツをダメにするもの | トップページ | 映画の話・180 「 ヒポクラテスたち 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツをダメにするもの | トップページ | 映画の話・180 「 ヒポクラテスたち 」 »