フォト
無料ブログはココログ

« 筋肉少女帯 | トップページ | きらきらと輝く日々・・・Rebecca »

2009年11月 2日 (月)

愛しの「爆風スランプ」

Lxsbjsny1  今回は爆風スランプについて、思いで話をぼちぼちと書いていこうと思います

 爆風スランプは1984年にアルバム「よい(写真はそのジャケットです)」でメジャーデビュー、1stシングルにはその中から「週刊東京少女A」をリリースするんですが、私がこのバンドを知るきっかけになった曲は、これもこのアルバムに収録されている「たいやきやいた」という曲です。当時流行っていたプロモビデオをひたすら流す番組(いわゆるMTV)、関西では確か土曜の夜中に”Sony Music TV”というのがあったんですが、それで初めて観て衝撃を受けたのを覚えています
 曲調は大好きなハードロック。でもその歌詞はハチャメチャ。プロモビデオもコメディーセンス抜群(確か、手塚治虫の息子の真氏が監督したんじゃなかったっけ?)で、本当にいっぺんで好きになりました。何せ、逆から読んでも「たいやきやいた」ですからね。私、すぐにレコード屋(う〜ん、懐かしい響き)に走り、このアルバム買いました。あらためて聞いてびっくり。演奏はかなりうまかったのです。特にベースの江川ほーじん氏。凄腕で、当時ベーシストでありました私も、「狂い咲きピエロ」をコピーしたものです。私が唯一引けるチョッパー・ベースの曲です
 次に出したアルバム「しあわせ」にも「たいやきやいた」と同じような「せたがやたがやせ」という曲が収録され同じようなコミックバンド路線は継承されていくのですが、3rdアルバムの「楽」を出したあたりからその路線は頭打ちになっていきます。

 そして少し低迷するのですが、5thアルバム「ハイランダー」あたりから、純粋・青春色と思想・政治色が強くなってきたように思います。それが爆風スランプの新たな方向性となりました(と、私は思ってます)。ちなみにこのアルバムには純粋青春曲の代表である「ランナー」が収録されてます
 そして続く「I.B.W」そして「ORAGAYO(これ「君が代」に対して「おらが世」というタイトルにしたようです)」という、傑作アルバムを世に送り出していきます。
 実はこの2枚、世間での評価はあまり高くなく、セールス的にもいま一つであったと聞いています。しかし、内容的にはかなりレベルが高いと、私は思ってます。「I.B.W」は私が大学を卒業する頃に出たアルバムだったと記憶しているのですが、そういうこともあって私はこのアルバムを聴くと、今でも切なくなります。純粋・青春路線の傑作だと思ってます。そして「ORAGAO」に収録されている「おお BEIJING」、これは思想・政治路線の大傑作です。BEIJINGとは北京のこと。この曲のサブタイトルに「ウー・アール・カイシー君に捧ぐ」とあります。ウー・アール・カイシーとは、当時中国で起こった「天安門事件」の人民側指導者のひとりであります。この事件、そしてその時の中国の学生諸君、そしてウー・アール・カイシーの気持ちを考えてからこの曲を聴くと、本当に涙が出ます(号泣)。でも、はっきり言いますけど、私は社会主義者でも何でもない、ただの小市民ですけどこのアルバムには他にもネルソン・マンデラにささげられた曲なんかもあります

 ただ、このあたりから爆風スランプは、バンドの方向性を見失っていったように思えてなりません。このあたりが山の頂点で、あとは下るだけだったのかも。
 このあともいろいろとヒット曲はでるものの、このバンドらしさは次第に消えていき、1999年に活動を休止することとなります。たまに、再結成コンサートなんかはやってますけどね。

 Voサンプラザ中野の名前の由来でもあるコンサートホール・中野サンプラザ。昔はここから中継されたTVの歌番組もたくさんあったのですが、最近はあまり聞きません。やはりすべてのものは移り変わっていくんですねでも、爆風スランプ、青春時代を彩ってくれた、私にとって特別なバンドであることは間違いありません。その名曲の数々は、いつまでたっても色あせることはありません

 「KASIWAマイラブ」「おお BEIJING」そして「たいやきやいた」聴いてほしいなあ

« 筋肉少女帯 | トップページ | きらきらと輝く日々・・・Rebecca »

音楽」カテゴリの記事

コメント

中学時代、オールナイトニッポンの金曜日が爆風スランプ中野さんでした。大好きで、金曜日が楽しみでした。
その当時のオールナイトはわたしには黄金時代で
月曜日 中島みゆき
火曜日 とんねるず
水曜日 小泉今日子
木曜日 ビートたけし
金曜日 爆風スランプ中野
土曜日 ユーミン

月水金と聞いていました。
中野さんのセンシティブな温かさ、歌詞も大好きです。

agapeさんへ

 そのころは私もオールナイトニッポン、聴いてました。サンプラザ中野さん、とっても純粋で、とっても優しいんですよね。そういうところが大好きでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 筋肉少女帯 | トップページ | きらきらと輝く日々・・・Rebecca »