フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・165 「ブレード・ランナー」 | トップページ | 「ちあきなおみ」を知っていますか? »

2009年10月30日 (金)

透き通る、切ない歌声・・・柴田淳 

41g3pnak2hl_sl500_aa240_11  今日、仕事帰りの車の中でたまたまTVをつけていましたら、柴田淳さんの特集をやっておりました。みなさん、柴田淳さんご存じですか?シンガーソングライターさんです。メジャーデビューされてもう8年になるのですが、私、実は、デビューしたころから彼女のファンなのです。ひそかに応援し続けておりました

 彼女の最大の魅力は、何と言ってもその声でしょう。透き通るような切ないその声が、切ない歌の世界とぴったり合って、聴いているこちらまで切なくなってしまいます。そしてもう一つの魅力は、そのまじめな人柄じゃないかと思っています。

 もちろん私、柴田淳さんと知り合いではありませんし、お会いしたこともありません。ただ、そのブログhttp://www.shibatajun.com/index.php)はほぼ毎日チェックしております。そこでは日記がほぼ毎日更新されており、そのことひとつとってもその誠実さがうかがえるのですが、その内容も「芸能人・有名人」だという驕ったところがまったくなく、日々いろんなことに悩みいろんな事に喜ぶ、ひとりの「人間・柴田淳」が表現されております。このブログの日記を読むと、本当にこの人の人柄の良さ、素直さ、誠実さが伝わってきます。そういう点においても、彼女のことを知れば知るほど、応援したくなるのです。

 その人柄は、当然彼女の作る曲にも反映しているわけですが、そのあたりのことは、実は良くもあり悪くもあり・・・だと私は思っています。デビュー当時からのファンであり、応援するが故に書くのですが、彼女の曲はまじめで一生懸命なものが多い・・・というかほとんどがそういう曲です。それはそれでいいのですが、どうしても同じような曲調が多くなってしまい、また歌詞の方も切ない・暗いものが多くなってしまっているのも事実なのです。正直、今ひとつ垢ぬけきれない・・・。まあ、そこが魅力でもあるのですけどね。デビュー当時から比べれば、ずいぶんメディアへの露出も多くなり、有名にもなってきたと思います。今度は映画「おろち」の主題歌も担当されたことですし、ますます有名になってくるでしょう。でも、もう一歩その上に行くためには、なんとかもう一枚、壁を越えていかなければならないのでは、と思っています。

 ・・・でもね、こんなことを書いている私ですが、彼女のアルバムで一番好きなのは、デビューアルバムである「オールトの雲」なのです。その「垢ぬけなさ」がいい(笑)。その中でも特に気に入っている曲は「星の余韻」「変身」などです。今から7年ほど前、何か新しい曲が聴きたくてレンタルCD屋さんに行き、そこで聴いたこともないのにジャケットにひかれて借りたのが、実はこのアルバムなのです。いわゆる「ジャケ借り」です(笑)。それが私と柴田淳さんの出会いで、それ以来ファンになったのです

 以前に比べて、どんどん人気を拡大している柴田淳さん。ファンとしてそれはもちろん嬉しいことではありますが、デビュー当時から応援し続けている私としては、人気が出れば出るほど、ちょっとさみしい気持ちになっているのも事実です。でもね、やっぱりファンとしては、人気が出てきたことは素直に喜ぶべきでしょうね。柴田淳さま、どんなに人気が出ても、応援し続けますよ

 みなさなももしよろしければ、一度ブログもチェックしていただき、曲も聴いてみてください。写真はメジャーデビューアルバム、「オールトの雲」のジャケットです。

« 映画の話・165 「ブレード・ランナー」 | トップページ | 「ちあきなおみ」を知っていますか? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・165 「ブレード・ランナー」 | トップページ | 「ちあきなおみ」を知っていますか? »