フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・131 「ザ・ローリング・ストーンズ/レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥギャザー」 | トップページ | 香川・高松に行ってきました・1 »

2009年10月13日 (火)

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地へ行ってきました

Pa110211_2  それでは本日は、予告通り映画「セカチュー」のロケ地巡りレポートをさせていただきます。どうぞよろしくおつきあいくださいませ

 「セカチュー」のロケ地と申しましても、実はいろいろなところがあるのです。たとえば舞台になった高校は愛媛県の学校ですし。でも、主なロケが行われたのは香川県は高松にほど近い、庵治という町です。今回はそこに行って来ました。私、実は今から20年ほど前、この庵治町の隣町にあたる屋島というところに住んでおりました。けれど、庵治には一度もいったことがなく、今回が初めての訪問となりました。でも、当時はこんな形で庵治が注目されることになろうとは夢にも思いませんでした

 11日(日)、朝8:00に車で家を出発し、阪神高速~明石海峡大橋~大鳴門橋~高松自動車道(でしたっけ?)を乗り継いで12:00前には香川県の県庁所在地である高松に到着しました。早くなりましたね~。昔は船で一日仕事でしたけれども。高速休日1000円の恩恵にも預かりましたし。(とはいってもなんやかんやでお金を取られ、1000円では行けませんが。でも、それでも安いですね~。)

 町中をうろうろとし(この間のことはまた後日の記事で書かせていただきます)、15:00過ぎに庵治に向かいました。高松から車で20分くらいのところに位置しています。道路は比較的わかりやすく、またいたる所に看板が設置されています。わかりやすい

 庵治町に入っていき看板に従ってしばらく走っていくと、映画で見たような風景が次々と目に入ってきます。

 私はまず、奥の方にある王ノ下沖防波堤へ(右写真です)。車はすPa110202_2ぐそばの空き地へ停めることができました。アキとサクが語り合った場所です。私も映画のように堤防のPa110203_2上を走り、愛を叫ぼうかと思っていたのですが、思ったより人が多く (ほとんどが釣り人でした)、やめておきました。ちなみにここからみた屋島はこんな感じ(左写真)です。

 Pa110205_4 次は少し戻って、皇子神社へ。この階段を登るとブランコがある公園にでます。公園はこんな感じです。 映画でも印象的なシーンでしたよね。私も何十年かぶりにブランコに乗りました。ブランコの前のフェンスや周囲の鉄柱などには、いわゆる鍵・錠前がたくさんつけPa110207られておりました。カップルが永遠の愛を誓うといっPa110206 た感じでつけていくようです。この公園からの景色はまた格別でした

 次は庵治漁港沿いに少し戻って、雨平写真館のあった浜・谷交差点を通り、庵治文化館へ。そこPa110208 に映画の中でも重要な場所になっていた雨平写真館Pa110209_2が再現 されております。中は現在喫茶店になっておりました。右の小 さな写真の中の写真(ややこしくてすみません)わかります?映画の中でも使われた、アキとサクの結婚衣装を着た写真です。展示されております。

 次は北へ少し車を走らせまして、海へでました。海の向こうには稲毛島が見えます(最初の写真です)。この島、映画の中では夢島という名前になっています。そう、二人で初めての一泊旅行に出かける、あの廃墟のある島です。ちなみにあの廃墟は東京のロケセットで撮ったようですが。

  そしてPa110214_2その後再び車を走らせて、今度は桜八幡宮と宮ノ下橋へ。このPa110215_3左の写真の階段、わかりますか?アキがサクを待っていたあの階段で  す。ここでアキが待っていると、バイクに乗ったサクが通りかかるんですよね。そして二人はバイクに乗って最初の防波堤へ行くんですよね。この右側の写真の赤い欄干、趣がありますよね~。ただ、ここ、車を停めるスペースがありません。車幅も狭いですし、私も一瞬車を停めて写真を撮り、すぐに立ち退きました

 私が今回まわったロケ地はこんなところです。映画がブームになってしばらく経ちますのでもうお客さんはあまりいないかなあと思っていたのですが、なんのなんの、ほどよいくらいに観光客の方々がこられてました。それもカップルばかり

 でも、庵治はまさにこの映画によく似合ってるなあと思いました。映画の関係者もよくこんなに映画にぴったりの場所を見つけたなあと、感心しきりです。庵治の漁港も、いい意味で本当になにもなく、映画のロケ地であるということを除けても、かなり癒される場所でした。

 私、映画のロケ地巡りというのはあまりしたことはありませんが、映画をもう一度楽しむ、そしてその土地自体を楽しむという、ふたつのたのしみが感じられました。まさに「一粒で二度おいしい」といった感じです。関西からもさほど遠くなく、かなり癒される・・・。庵治は本当にいいところでした。この映画にはまったことのある方には特におすすめの場所ですが、そうでない方にもお薦めしたい癒しスポットだと思います。失われゆく日本の原風景のひとつといいった感じがしました。

« 映画の話・131 「ザ・ローリング・ストーンズ/レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥギャザー」 | トップページ | 香川・高松に行ってきました・1 »

映画」カテゴリの記事

お出かけ・旅」カテゴリの記事

コメント

私は四年位前にセカチューのロケ地めぐりをしました

当時は観光バスも来てて、ツアーのお客さんは片手に焼きそばパンを持ってました(笑)

私も香川に住んでて庵治に行くことがありませんでした

久しぶりに庵治に行こうかな~

最後のお写真、夕方の光の雰囲気が映画のまんまですね~
ロケ地巡りって思った以上に楽しいかも
私も行きたくなりました。(しかし、セカチューのロケ地はひとり旅には向かないかも(^^;)

はちにゃんこさんへ

 観光バスがきてたんですか~。すごいですね~。でも、今でも車は10台以上きてましたよ。私も焼きそばパンを食べたかったんですが、売ってませんでした(笑)。

生ハムメロンさんへ

 たしかに、夕日がいい感じですね。結構焦ってとったのですけど。ロケ地巡り、なかなか楽しいですよ。一緒に行きますか~?

初めまして
『秋の旅ブログ一挙公開中』より来ました。
後学のために(実は私も参加したんですが…)52作品全部回ろうとおもいます。
(大変なんですね全部なんて…笑)

「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地は香川でしたか(無知ですみません…笑)

thisisajinさま

 コメントありがとうございます。記事を読んでいただいてありがとうございました。上にも書きましたように、なかなかいい感じの場所でしたよ。まさにスクリーンの中の雰囲気がそのままでした。よろしければ一度、いってみてくださいね。
 こちらのブログの方も、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・131 「ザ・ローリング・ストーンズ/レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥギャザー」 | トップページ | 香川・高松に行ってきました・1 »